保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 保険料が安くなる火災保険の補償の設定ポイント

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

保険料が安くなる火災保険の補償の設定ポイント

2019/08/23
この記事に含まれるキーワード

免責金額と保険料の関係

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/5d2d8746a682a069fe5ce54a7df915e34fb13b6e.26.2.14.2.png画像を拡大する免責金額を増やすと保険料が下がります

火災保険は、補償対象を変えなくても、設定金額を変えることで保険料を安くすることができます。代表的なものに免責金額と家財保険がありますので、内容についてみていきましょう。

まず免責金額に関しては、免責の仕方が保険会社や対象とする補償によって異なります。最近は常に免責金額分を減額して保険金が支払われるタイプが主流ですので、このタイプを想定して試算します。この場合、免責金額=保険金を受け取る際の自己負担額とご理解ください。

免責金額以外の条件を変えずに試算した右上表をご覧ください。 免責金額を高く設定するほど保険料が安くなりますが、免責金額分が減額されるので、受け取る金額が少なくなります。

保険金を受け取る事態を想定し、減額される金額と支払う保険料のバランスのとれるところを見つけます。個人的には、保険はそもそも万が一の高額負担に備えるためのものなので、少額は自己負担で何とかするものと考えると、免責金額は高めに設定しても良いかと思います。

家財保険と保険料の関係

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/e56d8d68b8a32729aae08b626df762e6d73d2779.26.2.14.2.png画像を拡大する家財保険金額を減らすと保険料が下がります

次に家財保険です。

家財保険とは、所有する家財に損害が発生した場合に備える保険です。自分が所有している家財を全て買い直すと仮定した場合に必要な金額を保険金額として設定するのですが、一つずつ金額を出していくのは大変なので、通常は保険会社が用意している評価表から年齢と家族構成を元に保険金額を設定します。

家財保険の保険金額だけを変えて試算したのが右上表になります。

万が一の際には生活に必要な最低限の家財で良い場合は少なめの金額設定で良いでしょうし、もし買い直すならデザインや性能にこだわりたい場合は高めの金額設定にしておくと良いでしょう。

以上のように、火災保険は契約の仕方を変えることで保険料が変わる可能性があります。ですので、損害が発生することを想定し、その場合に自分がいくら受け取りたいか考えて設定するのがお勧めです。


※火災保険の保険料については、こちらの記事もご参照ください。
保険料が安くなる火災保険の契約ポイント

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ