現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > 30歳の年金対策

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

30歳の年金対策

2012/10/24
この記事に含まれるキーワード

1割貯めてもまだ足りない

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/a06b25fca685d4f525d058138a01bcbe5e332341.26.2.14.2.jpg画像を拡大するいくら計算しても足りそうにありません

今年の夏に発表された統計(※1)によると、30代の平均所得は約515万円、40代で約634万円、50代で約714万円だそうです。
30歳の方が60歳まで平均的な所得を得られたとし、その中から1割を貯蓄したとすると30年間で約1860万円貯めることができます。
とてもたくさん貯金ができたような気がしますが、毎月15万円ずつ取り崩していくと、わずか10年で底をついてしまいます。
65歳あるいは70歳から取り崩したとして、10年で底をついてしまうのでは不安ですね。

貯蓄額を所得の1割から2割にアップすれば貯まる金額が倍になり、底をつくまでの期間も倍の20年間まで延ばすことができます。
しかし、所得の2割を貯金に回すことは容易なことではありませんし、貯蓄のすべてを老後に回すこともできません。
貯めるだけでは足りないのであれば、貯める+αを検討しなければなりません。

30歳にお勧めの貯める+α

・ 個人年金保険料控除

金利が低い今、普通に積み立てをしても+αを期待するのはとても難しいことです。
そこでよく老後資金準備で利用されるのが個人年金保険料控除です。
特定の条件をクリアした個人年金保険に加入し、年末調整や確定申告を行うと積み立てた金額に対して税金が戻ってきます。
具体的には、平成24年以降に年間10万円の保険料を支払う個人年金保険に契約をした年収400万円の方の場合、10,800円が還付されます。
10万円に対して10,800円の還付というのは大きいですね。
ただしこれには上限があり、保険料をたくさん払えばたくさん還付されるわけではありませんので、高額な契約は必要ありません。


・ 投資

30歳の方が60歳まで貯めるとしたら30年間あります。
これだけ長い時間を活用できるのなら投資もお勧めです。
投資といってもローリスクローリターンなものから、ハイリスクハイリターンなものまで、星の数ほど商品や手法があります。
若いうちは多少の失敗も取り戻すことができますので、勉強し、経験する中で自分なりの投資スタイルを見つけてみてはいかがでしょうか?
「時間」という武器を味方につけて積立などの長期投資をしてみても良いでしょうし、将来性を見越した会社を探しての株式投資なども良いでしょう。
条件が整えば、最初は鉄筋コンクリートのアパート経営なんかも面白いですね。
30歳の方には木造アパートや大きなマンションよりもお勧めできます。

貯められる金額には限界があります。
それ以上のお金が必要なのがあらかじめわかっているのであれば、+αを得られるように工夫するしかありません。
身の丈以上のことをする必要はありませんが、できる範囲・わかる範囲で自分年金作りをしてみてはいかがでしょうか?

※1 厚生労働省:平成23年 国民生活基礎調査の概況

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ