現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 日本の「稼ぎ力」がローンや預貯金に影響する?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

日本の「稼ぎ力」がローンや預貯金に影響する?

2013/01/22
この記事に含まれるキーワード

日本の貿易収支が家計に与える影響とは

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/b3086cc76972d0582bd06c73c6e83dea6fc83eac.77.2.14.2.jpg画像を拡大する貿易収支と私たちの家計の関連性は…

年が明けて、今年の貯蓄目標を立てた方も多いと思います。目標を実現するためには、日頃から家計管理、収支の把握は欠かせないものですが、家庭全体の無駄な支出を減らすとともに、収入を上げることができれば貯蓄目標の達成に近づきますね!

家庭であれば、一人ひとりの稼ぐ力が世帯全体の収入になります。これを国のレベルで考えてみると、稼ぐ力は世界の国々にモノをどの程度売って収入にすることができたのか? ということになります。そこで今回は、日本の「稼ぎ力」である、貿易収支についてお話ししてみたいと思います。

貿易収支とは、簡単に言えば日本が輸出でモノを売って稼いだ金額から、海外から輸入でモノを買った金額を差し引いたもの。平成24年11月の貿易収支は8,475億円の赤字でした(※)。

つまり、貿易収支が赤字ということは「輸出よりも輸入の方が多かった」ということ。家計に例えれば、毎月の収入よりも支出が多くて預貯金を取り崩してしまった状態です。

赤字の原因としては、一昨年に起きた東日本大震災以降、原発が止まって火力発電のための燃料輸入が増えたこと、円高やヨーロッパの債務危機で、製造業の輸出額が減ったことなどが挙げられます。

それでは、貿易収支の赤字が続くと、私たちの生活にどのような影響があるのか?
実は、銀行などの預貯金金利や、マイホームを検討している方の関心事である住宅ローン金利に影響が出てくるのです。

貿易収支の赤字が続くと国債金利に影響!私たちの生活はどうなる?

このように「貿易収支」は赤字基調が続いているわけですが、海外投資からの配当・利子である「所得収支」は黒字を保っているため、日本全体で海外とのお金のやり取りを示す「経常収支」は黒字を保っていました。しかし、平成24年11月の経常収支は、貿易収支の赤字幅拡大と、所得収支の黒字幅縮小により、10ヵ月ぶりに赤字となってしまいました(※)。

問題なのは、今後も「経常収支」の赤字が続いた時。日本全体のお金の収支が赤字になれば、国内で資金が賄えなくなり、外国の人たちに日本の国債を買ってもらうことになるのです。そうなった場合には、国債の金利を高めに設定せざるを得ない可能性が出てくるかもしれません。

いま発行されている国債の多くは、満期までの期間10年の「長期国債」です。長期国債の金利は、金融機関の貸出金利、期間2年以上の預貯金金利、中長期の住宅ローン金利に影響を与えます。もし国債の金利が上がった場合には、預貯金金利も上がるので資産形成にはプラス要素ですが、今後住宅購入を考えている方にとっては、ローン金利の上昇要因ですから、資金計画にはマイナス要素ですね。

預貯金金利や、住宅ローン金利は毎月初めに見直しがありますので、いくつかの金融機関で預貯金している方や、住宅購入を検討中の方は、毎月金利ウォッチをすることで、金利の上げ下げの傾向を掴むことができます。

国債の金利推移を予想するのは困難なことです。しかし、国の「稼ぎ力」である貿易収支は日本や世界経済によって変化し、その延長として国債の金利に影響を与える可能性があると言えそうです。そして、最終的に私たちの家計にも影響を与えることを知っておきたいですね。

※出典:財務省「平成24年11月中 国際収支状況(速報)の概要」より

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ