現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > 暑いのは人間だけじゃない!ワンちゃんだって暑いんだ!

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

暑いのは人間だけじゃない!ワンちゃんだって暑いんだ!

2013/07/05
この記事に含まれるキーワード

そもそも犬は熱中症に弱い!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/1380cd6123195085b6a5b556ba042ee46fad52c1.54.2.14.2.gif画像を拡大する図1:7月・8月は急激に熱中症による請求件数が増加しています。

今年もすでに熱中症のニュースをよく見かけます。私自身、炎天下のソフトボール大会で危うく熱中症になるところでした。気を付けないといけませんね。

人間ですら注意をしておかなければならない熱中症。ペットである犬は、人間に比べて熱中症になりやすいため、細心の注意が必要なのです。
実際、ペット保険を取り扱っているアニコム損害保険株式会社のプレスリリース(2013年4月19日)によると、最高気温が25度を超える夏日を観測し始める5月から、熱中症による保険金の請求件数が急増しています。特に7月・8月は、請求件数が200件を超えています。
(図1参照)

では、どうして犬は熱中症になりやすいのでしょうか?理由としては、下記の3つが挙げられます。
 ① 犬には人間のように全身に汗腺が無いため、体温調節が難しい
 ② 犬は全身が被毛で覆われており、そもそも夏の暑さに弱い
 ③ 犬は人間に比べて体高が低いため、地面からの照り返しの影響を受ける

熱中症は予防で防げる!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/df4d220f6f0cebea54cd25e4f38db698526c7e27.54.2.14.2.jpg画像を拡大する常日頃から、ワンちゃんの様子をチェックしておきましょう!

万が一、犬が熱中症にかかったかな?と思ったときは、冷水や扇風機などで犬の体温を迅速に下げることが重要です。同時に、動物病院に連絡して先生の指示通り動きましょう。

症状が重い場合、下手をすると死んでしまう可能性もある熱中症ですが、
・閉め切った部屋に閉じ込めない(体感温度をあげない)
・こまめな水分補給を行う
・散歩の時間をずらす(日中はやめておく)
といった対策を行うことで、犬の熱中症を予防することもできます。

もしも犬が熱中症にかかった場合、病院へ連れていったり、つきっきりで看病したりしなければならなくなります。それは予想外の治療費の支出という家計のダメージだけでなく、会社を休むという仕事の面でもダメージを受けることになりかねません。
予防でそれらのリスクを回避することができればそれに越したことはありません。犬は飼い主にとって大事な家族の一員です。犬のことを理解して、熱中症にならないための生活環境を整えることで、暑い夏を無事に乗り切りたいものですね。

※ アニコム損害保険株式会社が「STOP熱中症プロジェクト」を展開されています。熱中症の症状や予防策など、さまざまなことが掲載されていますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
STOP熱中症プロジェクト

  • mixiチェック
記事を書いた人丸山 高信With FP Partners 代表、CFP(R)・宅地建物取引主任

<FP-RECOご当地FP®:滋賀県>
大手会計事務所・コンサルティング会社・等を経て独立。人生で一番「お金のこと」「将来のこと」を考えるタイミングである、マイホーム取得者向けに住宅ローンの相談業務を行っています。会計事務所で培った「分析力・提案力」と、講師業により身につけた「わかりやすい説明」が好評。
ホームページ:With FP Partners
google+:丸山 高信

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ