保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > NISAの有効活用方法

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

NISAの有効活用方法

2013/11/12
この記事に含まれるキーワード

NISA投資をする上で意識すること

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/4201bdf249f7065db8bde9feb704b94bbfae681b.90.2.14.2.jpg画像を拡大するNISAのメリット、デメリットを把握する

NISA(ニーサ・小額投資非課税制度)が2014年1月から始まるということで、CMや特番などで取り上げられていますが、この投資は今までの投資とはどう違うのでしょうか。
今回はNISAの特徴と有効活用方法を案内します。

NISAの詳細は右の図に記載してあります。これを参考にNISAのメリットとデメリットからNISAの特徴を掴んでいきましょう。

NISAのメリットは投資利益が非課税になることです。 1年間の株式、投資信託等による100万円までの投資の値上がり益(譲渡所得)、配当金(配当所得)が非課税になるため、投資に成功するとより豊かになれます。

NISAのデメリットは損益通算ができないこと、通常口座移管時に商品が下落していると不利になる点です。
損益通算とは損が出ている時に、利益が出た時に支払った税金を還付する制度です。
例えば、A証券では利益、B証券で損失になっているとします。そういった時、A証券の利益とB証券の損失を合算して、A証券で支払った税金が戻ってくる制度ですが、NISAではこれができません。

通常口座移管時に商品が下落していると不利になるとは、非課税期間が終了したら通常口座に移管することになりますが(翌年のNISA口座を活用できる場合もあります)、その移管後の取得単価が非課税終了時の単価になることです。
例えば、1000円で購入した株式が非課税期間終了時に300円になって、通常口座(課税口座)へ移管されたとします。
通常口座移管後に500円なって売却したら、売却単価500円-取得単価1000円=▲500円となり、損が出ているので課税はされないはずです。しかし、通常口座に移管した時の単価が取得単価になってしまうので、売却単価500円-取得単価300円=+200円となり、利益が出たことになって課税されてしまいます。

このメッリット、デメリットからNISAは投資に成功するとより利益が増えますが、投資に失敗すると通常の投資より損失が大きくなると言えます。そのためNISAは「上昇に強く、下落に弱い投資制度」と考えた方が良いでしょう。

上昇に強く、下落に弱いNISAの有効な投資方法とは?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/1225bede9797384c521dfd8f0119a0343ac84e56.90.2.14.2.jpg画像を拡大する投資商品選びによって成績が変わってくる

「上昇に強く、下落に弱い投資制度」のNISAを有効活用するためには、下落に弱い特性を補った投資を行えば良いのです。つまりリスクを抑えた投資を行うということです。

リスクを抑えた投資を行うには次の点を押さえた投資を行うと有効です。
・良質な低リスクファンドを選ぶ→良いファンドの見つけ方を勉強してから購入する。
・分散投資を行う→1つの投資対象だけでなく、いくつかに分けてリスク分散を行う。
・積立投資を行う→毎月定額で買い付け、高値で投資資金を全て投入するのを避ける。
・ライフプランを作り自分に合った投資を行う→どの程度まで価格変動を許容できるのかをライフプランを作り、キャッシュフロー表でシュミレーションして自分に合った投資を行う。
※ライフプランとは、人生設計を行い、マネー計画を作成すること。

これらのポイントを押さえて投資を行えば、下落リスクを低減させることができます。上記の要素等をしっかり勉強してからNISA投資を初めて頂ければ、リスクを抑えてうまく非課税の恩恵を受ける事ができると思います。

注意・・・NISAの制度改正がすでに検討されており、将来的にはこの制度内容が変更される可能性があります。NISA投資を行う場合は、制度変更に注意をして下さい。

  • mixiチェック
記事を書いた人中島 隆未来投資株式会社 代表取締役

証券会社の営業を経て、お客様にとっての真の豊かさとは何かを追求するため、FPと投資助言の会社を設立。未来に成長を続ける企業を見出して、株式投資を成功させる「未来投資塾」。豊かなお金持ちの考え方を重視して、投資信託での資産運用の成功法を学ぶ「未来資産塾」を運営している。
HPリンク:http://mirai-toushi.com

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ