保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 投資の成功率を上げるポイント

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

投資の成功率を上げるポイント

2014/02/19
この記事に含まれるキーワード

現金ポジションという概念を持つ

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/74548eefb254d3939b8dfb7104186d8bebc4164e.90.2.14.2.jpg画像を拡大する現金ポジションを持っていると株価の急落時に有利に

これらから株価が上昇すると考え、投資資金のすべてを株式に投入したものの、結果的に株価が下がって多大な損失を出したまま長期保有という経験はありませんか?
今回は、こういった大きな損失を抑えて投資を成功させる方法をお話します。

投資の成功率を上げるためには、「現金ポジション」という概念を持つと効果的です。
投資において現金ポジションとは、投資予定資金のすべてを常に投資に回してしまうのではなく、一部をあえて投資に回さずに現金で持っていることです。
現金ポジションをとっていると、株価が上昇していく局面では、すべての資金を投資に回した時よりも利益が減ってしまいます。しかし、株価の急落時には安くなったところで購入することができるので、保有している株式を安く買い増すことができます。これによって平均取得単価が下落するため投資の損益分岐点を引き下げることができ、投資資金を一括投入した時に比べて損失を抑えられ、上昇時には株価の戻りが早くなります。
このように現金ポジションを取ってリスクコントロールを行うことで、投資の失敗を減らし、成功のチャンスを増やすことができます。

現金ポジションをどれだけ持つか?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/3e5b84e80eb3ccb5323658c5a7a427a37ab59131.90.2.14.2.jpg画像を拡大する投資スタイルにあわせてどのように現金ポジションを決める

現金ポジションを持つ時は、ルール作りが大切になってきます。
例えば「投資資金の30%は株価が急落するまでは投入しない」というルールで運用すれば株価の急落時に株式を購入すれば平均取得単価を下げることができます。
もっと現金ポジションを増やして「投資資金の70%は株価が急落するまでは投入しない」というルールで運用すれば上昇時の利益は小さくなってしまいますが、下落した時は大量に安く株式を購入できるため、平均取得単価も大幅に引き下げることができ、大きなチャンスを掴むことができます。

現金ポジションをどれだけ持つか、どのように自分の投資に組み入れるかは、自分の好みの投資スタイルやリスク許容度に合わせて設定をして下さい。このように現金ポジションを取ってリスクコントロールを高めることは、投資の成功に大きく結びついてくることなので、良ければ実践してみて下さい。

  • mixiチェック
記事を書いた人中島 隆未来投資株式会社 代表取締役

証券会社の営業を経て、お客様にとっての真の豊かさとは何かを追求するため、FPと投資助言の会社を設立。未来に成長を続ける企業を見出して、株式投資を成功させる「未来投資塾」。豊かなお金持ちの考え方を重視して、投資信託での資産運用の成功法を学ぶ「未来資産塾」を運営している。
HPリンク:http://mirai-toushi.com

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ