現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > ワンランク上の増税対策

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

ワンランク上の増税対策

2014/03/17
この記事に含まれるキーワード

増税対策もイロイロ

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/d761c1e5983f56a31b51e76298e2bc17d644b533.26.2.14.2.jpg画像を拡大する預け先によって、利益は大きく異なります

いよいよ4月から消費税が8%となります。高額商品や日用必需品などの早期買い替えや買いだめをされている方も多いことでしょう。でも残念ながらそれは、購入時の一時的な効果しかありません。なるべく早い段階に、家計の負担が長期で軽減できるような対策をとっておきたいところです。

そこで行いたいのが家計の抜本的な見直しです。目標は支出を減らして収入を増やすことですが、支出の見直しで効果が大きいのが、固定費の見直しです。住居費、通信費、車両費、生命保険料などが主な対象となります。次に収入の見直しです。働く時間を増やしたり、家族の中で働く人数を増やす等がありますが、こちらはすぐに改善するのは難しいところです。

しかし、もう一つ収入を増やす方法があります。それは資産運用です。資産運用というと「怖い」というイメージを持つ方も多いようですが、ハイリスク・ハイリターンなものだけが運用ではありません。もしすぐに使う予定がないのに、金利が低いまま預けっぱなしになっているお金があるのなら、預け替えも検討したいところです。

100万円を運用するとしたら?

100万円を1年間預けたときに想定される利益(税引前)は、

・銀行の定期預金を0.03%とすると、300円
・ネットバンクの定期預金を0.15%とすると、1,500円
・個人向け国債変動10年を0.4%とすると、4,000円

などがあります。さらにもう少しリスクが取れるという方には、

・アメリカの5年国債を1.5%とすると、15,000円
・外貨預金で人気の豪ドルを2.5%とすると、25,000円

というものがあります。さらに、株式や投資信託は元本割れのリスクも高くなりますが、その分利益も多く見込めるようになります。例えば、毎月分配金型の投資信託で人気の商品の中には100万円預けると毎月5,000円~20,000円程度の分配金が発生するものもあります。

以上のように、同じ100万円を預けるにしても、どのようにして預けておくかで得られる利益が大きく異なります。当然、利益が見込めるものは、リスクも高くなりますので、リスクを考えずに利益だけで商品を選んではいけません。

増税対策として、事前の買い替えや買いだめといった方法も短期的には良いのですが、固定費の削減や運用益を増やすことは長く家計に影響を与えていきますので、中・長期的な視点で資産運用も検討していただきたいと思います。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ