現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > なんとかなる?住宅ローン「ボーナス払い」の甘い誘惑

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

なんとかなる?住宅ローン「ボーナス払い」の甘い誘惑

2014/07/11
この記事に含まれるキーワード

月々の支払いはラクラク、その結果……。

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/71e18dfaaae681e4829759f533b8e24cf7e5be58.53.2.14.2.jpg画像を拡大する楽しみなボーナス。こんな悲しい顔にならないためには?

うれしい夏のボーナスシーズン到来ですね。ウキウキのはずなのに、サラリーマンAさんの表情はちょっとさえません。なぜでしょうか?

今回は、これから住宅ローンを借りる予定のみなさんに、「ボーナス払い」の落とし穴についてお話します。

住宅ローンは毎月返済が基本。しかし、月々の家計が苦しい場合には、ボーナス払いを併用することで、毎月の返済額を減らすことができます。ボーナス払いにできる割合は、フラット35は借入金額の40%まで、一般の銀行では40~50%までです。

「毎月6万円なら家賃と同じ、ボーナスからの24万円を併せれば余裕でいけそうだ」とボーナス払い併用で、マイホームを購入したAさん(※)。 この夏のボーナスも、わずかながらアップしたにもかかわらず、Aさんの顔を曇らせた「ボーナス払い」の実態とは?

※借入額3000万円・金利2%・35年返済・ボーナス割合40%

「ボーナス払い」今だけでなく、将来も考えて

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/adaed24094d9a43f568e17c72f889c9eeab8bc6d.53.2.14.2.jpg画像を拡大するボーナスは、ハッピーな気持ちになることに使いたいですね!

「年々、自由になるボーナスが減ってしまって」と肩を落とすAさん。
返済を始めて7年、2人の子どもたちも大きく成長。月々の塾代がかさみ始め、Aさんの家計は毎月2万円ほどの赤字に。半年で約12万円をボーナスから補填しなくてはなりません。

Aさんのように、ボーナス払いを併用する人は、そもそも毎月の家計に余裕がないケースが多いのです。

このように、お子さんのいるご家庭では、ボーナスの使い道は増える一方。ボーナス払いをラクラク続けるのは難しくなってきます。また、長いローン人生、次のようなことも心の片隅に。

ボーナスは会社の業績次第で、「減る」「出ない」ことも。
退職したら、いまと同じボーナスはありません。

住宅ローンの返済は、ボーナスに頼りすぎないことが大事。毎月返済だけで済むよう、頭金を多く貯めるなど、借入額そのものを抑えることが肝心です。

うれしいボーナスは、家族の笑顔のために使いたいですね。
ボーナス払いの甘~い誘惑には、惑わされませんように!

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ