現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 介護する人の家計に優しい、航空会社の運賃割引

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

介護する人の家計に優しい、航空会社の運賃割引

2014/07/23
この記事に含まれるキーワード

航空会社の割引運賃には「介護割引」もある

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/23c8cecd25f55c60394aaff066c9d0e7889f3f6f.77.2.14.2.jpg画像を拡大する介護する側の負担についても考えておきましょう

身内に介護の必要な状況が発生すると、介護をサポートする家族の精神的な負担が増します。場合によっては、介護のために仕事を休むことで収入が減ったり、介護に関する費用負担が発生することもあるでしょう。

特に、遠方に住む親に介護が必要になると、実家への交通費などがかかり、介護する側の経済的な負担も大きくなりがち。親元へ通う頻度にもよりますが、介護が長引くほど、交通費の負担感は増しますね。

交通費を節約するには、長距離バスや自分の車を利用する方法も考えられます。しかし、時間がかかるため、生活や仕事の関係で使いづらいこともあるでしょう。

そこで、介護目的で飛行機を利用する時に適用される、航空会社の運賃割引制度「介護割引」についてご紹介します。

介護割引なら35%の割引にも!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/4bd3f1d70dfb1d6c3e45b341d5abbbbd4a755366.77.2.14.2.jpg画像を拡大する航空会社の介護割引を活用しましょう

現在、介護割引を設けている航空会社と割引の名称は以下の通りです。

・全日空「介護割引」
・日本航空「介護帰省割引」
・スターフライヤー「介護割引運賃」
・ソラシドエアー「介護特別割引」

割引を利用できるのは、要介護・要支援認定者を介護する家族や親族など。事前に航空会社で申込みをし、利用者情報を登録することでチケット購入時に割引が適用されます。情報登録の際には介護認定の証明書や、介護認定者と介護する人の関係が分かる公的書類も必要です。

割引率は航空会社によって違いますが、30〜40%程度。一例として、東京(羽田)・福岡間の全日空の片道運賃を見てみると、普通運賃が43,890円に対して介護割引は28,640円、割引率は約35%になります。

航空会社の早期割引は早目の手続きが必要ですが、介護割引なら当日の手続きでも割引料金が適用されます。急な介護のための帰省には助かりますね。

ご自分の帰省先に使える路線があれば航空会社に事前登録し、いつでも割引が使えるようにしておいてはいかがでしょうか。少しだけ手間をかけても、介護にかかる費用が節約できれば利用したいものです。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ