現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > たった1年間のワンコイン節電で、24年分の預金利息に!?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

たった1年間のワンコイン節電で、24年分の預金利息に!?

2014/07/30
この記事に含まれるキーワード

電気代の負担は上昇傾向に

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/fb054f6190458dad216db5039f9cfb3c00ea9021.77.2.14.2.jpg画像を拡大する電気代は上昇傾向!家計に影響は?

夏場は、エアコンの稼働時間や冷蔵庫の温度設定が強めになることで、電気代は高くなりがちですね。ここ数年間、家計の電気代はどうなっているのか?
2011年から2013年までの、1カ月あたりの電気代の平均を見てみると、以下のような結果になっています(※1)

・2011年:9,257円
・2012年:9,836円
・2013年:10,504円

2011年からの2年間で約13.5%上昇と、家計支出の中で電気代は増える傾向です。

また、節電に関するインターネット調査(※2)で、興味深いデータがあります。 「電気の使用を最低限に抑えることを意識する、電気料金の増減金額について」というアンケートに対する、年代毎の回答です。
この中で「500円の増加で電気の使用を最低限に抑える」と回答した割合は、20代で54.0%、30代で53.0%、40代では41.5%でした。

電気代が毎月500円増えると、節約のための行動に出る人が多いようですね。
今回は、電気代を「500円節約」する方法をご紹介します。

簡単で、誰にでも実践できる節電方法とは?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/f2c450cab527518fec300729abc856599cf38ea2.77.2.14.2.jpg画像を拡大する家電の使い方を工夫して節約を

電気代節約のポイントになるのは、「冷蔵庫」「照明器具」「エアコン」の各家電製品です。

・冷蔵庫:温度の設定を「強」から「中」に、冷蔵庫の上には物を置かない
・照明器具:54ワットの白熱電球1個を、8ワットのLED電球に交換する

上記2つを実践するだけで、毎月500円、年間で約6,000円の電気代が節約できます。さらにエアコンの温度を夏場28度、冬場20度に設定し、月2回のフィルターの掃除で、さらに毎月約300円の節約です(節電法については、東京電力のホームページが参考になります)。

これだけの節約を、例えば定期預金の利息で得ようとしたら元本いくらで、何年の運用が必要でしょう? 1年定期の利息が0.025%(2014年7月現在のメガバンクの場合)ですから、6,000円の利息を得るためには、元本100万円で24年かかります。つまり、電気代の節約で24年分の利息相当額がたった1年で手に入るのです。

電気代の節約も貯蓄も、コツコツと長く続けることで効果を発揮します。みなさんも、いますぐワンコイン節約を始めてみませんか?

※1:総務省「家計調査」より
※2:楽天リサーチ「夏の節電に関する調査」(2014年7月)より

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ