現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 相談現場レポ 「繰上返済の常識」は正しいのか?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

相談現場レポ 「繰上返済の常識」は正しいのか?

2014/08/12
この記事に含まれるキーワード

勝者はやっぱり「一般セオリー」を信じた人?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/760d440973ac1be4604f81243152b228aca8cf35.53.2.14.2.jpg画像を拡大するお金にまつわる「常識らしきもの」に惑わされてませんか?

返済中の住宅ローン「繰上返済し、なるべく早めに返し終えたい」。よくお客様から聞く言葉です。繰上返済を早くすれば、利息軽減や、期間短縮の効果が大きいからです。でも「早ければ早いほうがよい」の常識は、はたしてホントでしょうか?

今回は、相談現場の事例から、家計環境もよく似た同級生Aさん、Bさんのケースをご紹介。2人のどちらが正解だと思いますか?

※ともに35歳で借入 借入額3000万円 金利2% 借入期間35年

■Aさん45歳 息子17歳
この10年、素直な性格のAさんは「早いほどトク」という常識にしたがって、3年ごとに100万円ずつ貯め、合計300万円の繰上返済をせっせとしてきました。

■Bさん45歳 娘17歳
なんでも慎重派のBさん。繰上返済したくとも、手元に貯金がないのが不安なタイプ。10年で300万円の学費は貯金できたものの、繰上返済は1円もできていません。

さあ、その後の2人の家計はいかに?

「世の常識=あなたの家計のベスト」とは限りません

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/3ebe1525c6742b70057599e7707574279c90ca52.53.2.14.2.jpg画像を拡大する「自分ならどうかな?」そのひと呼吸がうまくいくコツです。

■Aさん
「早めの繰上返済に限る」と意気込んだAさん。借入期間は約4年縮まり、約220万円の利息削減。ガッツポーズの裏で、気づくと教育費の蓄えはゼロ。息子の大学費用は教育ローンを組むはめに。

■Bさん
繰上返済こそしていませんが、娘の大学資金の準備はバッチリ。卒業後から2年ごとに100万円(3回)の繰上返済をすれば、4年近くの期間短縮、約120万円の利息削減ができそうです。


「早いほうが効果大」こんな常識からみれば、Bさんよりも利息を多く減らしたAさんが正解かもしれません。しかし、その効果は小さくとも、教育費の準備など、将来のお金にも目を向けていたBさんに軍配があったと感じる人は多いでしょう。

つい私たちは「~の方が得」という常識に流されがちです。今回の例に限らず、何が得で正解かは、家族構成や家計事情ごとに違うもの。ネットや雑誌にある常識は、我が家にとってベストとは限りません。

そんなことを、どうか頭の片隅に……。

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ