現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 2年で元が取れる!お得な国民年金の増やし方とは?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

2年で元が取れる!お得な国民年金の増やし方とは?

2014/08/28
この記事に含まれるキーワード

付加保険料で国民年金の受取額を増やせる

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/db39bcfe9a9a08754173f444bfafed9241c80733.77.2.14.2.jpg画像を拡大する少しでも年金を増やしたいですね

国民年金は自営業者や学生などが入る年金ですが、将来、国民年金からもらう年金(老齢基礎年金)を、わずかな負担と簡単な手続きで増やせる方法をご存知ですか?

それは「国民年金付加年金制度」です。
今年度(平成26年度)の国民年金保険料は月額15,250円ですが、この保険料に加えて月額400円の「付加保険料」を納めると、将来受け取る年金額に付加年金が上乗せされて支給されます。

「国民年金付加年金制度」を利用できるのは、自営業者や学生などの「第1号被保険者」のみ。会社員(第2号被保険者)や会社員に扶養されている配偶者(第3号被保険者)は利用できません。

手続きは、住んでいる市町村の役所・役場か年金事務所で届出用紙に記入するだけ。付加保険料の納付方法は次の通りです。

・毎月の保険料を納付書で納める場合:後日送られる付加保険料込みの納付書で納付
・国民年金保険料を前納で納付済みの場合:後日送られる付加保険料の納付書で納付
・毎月の保険料を口座振替(クレジット)で納める場合:指定口座から付加保険料も合わせて引き去り

それでは、どの程度年金額が増えるのかを見てみましょう。

2年間年金もらえば元が取れる「付加年金」

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/b3086cc76972d0582bd06c73c6e83dea6fc83eac.77.2.14.2.jpg画像を拡大する2年で元が取れるお得な年金です

付加年金で上乗せされる年金額は「200円×付加保険料納付月数」になります。 例えば、30歳から60歳まで30年間付加保険料を納めるとどうなるのか見てみましょう。

・納める保険料:400円×360月(30年)=144,000円
・増える年金額:200円×360月(30年)= 72,000円

このように、国民年金が年額で72,000円上乗せされ、年金をもらっている間はずっと上乗せされます。つまり、30年間納めた付加保険料分の「144,000円」は、2年間(72,000円×2年)で元が取れる計算です。

平成26年度の国民年金の年金額は、40年間保険料を納めた人で772,800円。仮に30年間付加保険料も納めると772,800円に72,000円(月額6,000円)が上乗せされ、年額844,800円になります。

一日当たりに直せば十数円の保険料負担で、早く始めるほど将来の年金額が増えるお得な制度です。自営業の人は今すぐ手続きして、活用してみてはいかがですか。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ