現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > ああ証拠が!「通帳記入」をサボるとどうなるの?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

ああ証拠が!「通帳記入」をサボるとどうなるの?

2014/10/01
この記事に含まれるキーワード

「長い間」「たくさん」の未記入で一括記帳される

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/3c5a11b0bed0b960f8a851f5a96b8e5e8c492929.53.2.14.2.jpg画像を拡大する一括で記帳されると、「いつ&いくら」がわからなくなりますね。

通帳の記入をサボっていると、「まとめて記帳されてしまう」ことをご存じですか? そうなると、入出金や振込みなどの明細がわからなくなりますね。

筆者もかつて、引落としの確認ができず困った経験があります。「入出金はキャッシュカードばかり」という人は、この機会に通帳の記帳をしてみましょう。

では、どんな場合に一括記帳されるのでしょうか? 「おまとめ記帳」「合計記帳」など、呼び名やルールも銀行ごとに違いがあります。

たとえば、期間でいうと、「6カ月以上」や「1年以上」の未記入で一括記帳となる銀行もあれば、「3カ月ごと」と短めの銀行もあります。対象となる件数についても、「30件を超えたとき」や「100件以上で」など、いろいろです。また、「1年以上、かつ10件以上」のように、期間と件数を組み合わせたルールの銀行もあります。

A銀行はセーフであっても、B銀行では一括記帳に……。なんてことにならないよう、いくつかの銀行に口座がある人は、それぞれのルールを知っておくことも大切です。

一括で記帳されると、どんなときに困る?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/fd7b313ad832e6cab77e75e80097c043b850f873.53.2.14.2.jpg画像を拡大する通帳の印字は「家計の記録」「振込の証明」にもなります。

通帳の印字は、あなたの「お金の動き」がわかる大事な記録です。一括記帳されてしまうと、その足あとは消えてしまいますね。自分が困るばかりか、相手に証明する貴重な証拠もなくなってしまいます。

たとえば、こんな確認をしたいときありませんか?
■相手から、ちゃんと振込みがされているか
■カードの引き落としが確実にできているか
■通販などの送金した証拠がほしい
■売上入金の記録を残したい

一括記帳された場合でも、未記入明細は無料でもらえます。窓口や電話で申込みますが、まずは取引店で確認を。ただし、いずれも少しの日数が必要です。 記帳がされていないと、「すぐ」の確認ができず困りそうですね。

さあ、明日にでも記帳してみましょう!

ただし何ページにもなりそうな人は窓口で。長くなって、背後から「イライラビーム」を出されたり、「ページ切れ」になると焦りますので(笑)。

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ