現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 勘違いしやすい保険の特約(その2)

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

勘違いしやすい保険の特約(その2)

2014/10/02
この記事に含まれるキーワード

勘違いしやすい特約(2)

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/9f299f29993ba2ff984318108a533ad501e7e47a.26.2.14.2.jpg画像を拡大する「へ〜、そうなんだ」は加入前までです

前回、「勘違いしやすい保険の特約(その1)」では、【三大疾病特約(特定疾病特約)】と【介護特約】について触れました。もう一つ、勘違いしやすい特約を見ていきたいと思います。

【通院特約】
ケガや病気の治療で通院したときに保険金が支払われる特約ですが、通院「しただけ」では保険が適用にならないケースがあります。
傷害保険の場合は、通院「しただけ」で保険金が支払われるものが多いのですが原因がケガに限定され、病気の場合は対象外となります。
医療保険の場合は、ケガでも病気でも該当しますが、入院をしたあとの通院が対象で、さらに退院後の通院が全て保障されるのではなく、一定期間(主に30日)以内という制限がつくものが多いです。
ただし医療保険の通院特約の中でも、「がん通院特約」の場合は内容が大きく異なります。
がん通院特約の中には入院の有無に関係なく保険が適用になるものや、通院期間に制限のないものもあります。

自分の希望を先に決める

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/789d3f45e119327cb4e65c4b84ad1a4f0ce7f2ce.26.2.14.2.jpg画像を拡大する保障内容を把握することが後悔しない秘訣です

このように、特約の名前としてはとても魅力的ですが、「なっただけ」「しただけ」では保険が適用にならないケースがたくさんあります。
それらを理解した上で万が一に備えたいという場合は良いのですが、思い込みや勘違いで特約を付けて保険に加入し続けてしまうと、いざというときに保険がおりない!ということになりかねません。
そうなってしまうと、毎月の保険料が無駄になってしまいます。

特約に限らず保険を選ぶときは、まずどんなときに保険金を受け取りたいかを考え、その条件に当てはまる商品を探すことをお勧めします。
保険の選び方は「『いい保険はどれ?』は間違いの始まり」でも触れていますので、参考にしてみてください。

商品を先に検討せず、内容(保障)から検討を始めることで、後で後悔することが少なくなることでしょう。

※ 特約の内容は、保険商品によって詳細が異なりますので、詳しくは保険会社にお問合わせいただくか、約款をご覧の上ご確認ください。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ