現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 老後のお金が不安なら「ねんきんネット」で将来の年金予測を!

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

老後のお金が不安なら「ねんきんネット」で将来の年金予測を!

2014/11/14
この記事に含まれるキーワード

自分の年金のこと分かっていますか?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/3a7af62f1b09ead069d21dc621b061f6e3cad2f8.77.2.14.2.jpg画像を拡大する公的年金は老後生活のベースになる大切な収入です

2014年から新たに11月30日が“年金の日”になりました。全国民が「ねんきんネット」などを活用して、老後の生活設計を考えるための日です。

「老後は年金だけで生活できるのかな……?」と、漠然と不安を感じている人もいるかもしれませんね。しかし、不安に感じているだけでは解決しません。まず、自分自身の年金見込額を知ることから始めましょう。自分の年金を知るのに役立つのが「ねんきん定期便」です。

ねんきん定期便は、毎年誕生月の頃に郵送で送られてきます。そこには、これまでの年金加入記録や将来の年金見込額など(※1)、自分の年金についての大切な情報が載っていますので、必ず内容を確認してください。

また、ねんきん定期便のインターネット版が「ねんきんネット」です。いつでも最新の年金記録の確認ができ、年金見込額を試算することも可能です。ねんきん定期便だけでは分からない年金の全加入歴など年金情報が満載ですので、ぜひ利用しましょう。

ねんきん定期便が来たらすぐにアクセスキーで登録を!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/b6c2a2ae778324600b2e79fc257061d35ca439b6.77.2.14.2.jpg画像を拡大するねんきんネットに登録してみましょう

ねんきんネットを利用するには、ねんきん定期便に記載されているアクセスキー(右図)でユーザーIDを取得します。アクセスキーが分からなくても、基礎年金番号(年金手帳に記載されている10桁の番号)さえ分かれば大丈夫。パソコンやスマホから登録するとIDが郵送されてきます。

ねんきんネットに登録したら、今後の働き方(会社員・自営業)や収入を入力し、年金見込額を試算しましょう。試算された年金見込額は、あなたが考える老後生活費と比べてどうか。公的年金だけで足りなければ、残りは自助努力で準備が必要です。老後生活に最低必要な金額は平均22万円という調査結果もあります(※2)。

老後生活の準備方法には、銀行預貯金、個人年金保険、投資信託、確定拠出年金など、準備を始める時期や元本の安全性などによって、さまざまな金融商品があります。貯蓄や退職金の取り崩しを最小限にできるよう、自分自身で年金を作る努力をしてみましょう。

(※1)50歳未満の人はこれまでの加入実績に応じた年金額が(今後の加入実績によっては増加)、50歳以上の人は同じ条件で60歳まで加入した時の年金額が、それぞれ記載されています
(※2)生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(平成25年度)

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ