保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 教育資金の目標額は?どう貯める?

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

教育資金の目標額は?どう貯める?

2014/11/27
この記事に含まれるキーワード

進路を想定して目標額を決めましょう

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/cd48f418be197223c3601c8be7950e9463aa2605.31.2.14.2.jpg画像を拡大する将来の夢がいっぱい!かなえられたらいいな

幼稚園から大学までの教育費*は、オール国公立で約1,000万円、小学校以外オール私立で約2,000万円かかります。これに備えるにはどうしたらいいでしょう。

教育資金は、教育費がかかる私立の時期や大学時代に向けて「毎月の収入でまかなえない分」を蓄えておくものです。本来、子どもが生まれたらすぐ貯め始めるべきもので、すでに準備を進めてきた人はいいですが、そうでない人は気づいたらすぐに始めましょう。

どれくらい貯めたらいいかの目安ですが、わかりやすくするために進路に合わせて次のような目標額を示しています。多い分には安心です。

<教育費貯蓄額のおおまかな目安>
高校まで公立中心で大学まで:300万円以上(大学下宿は400万円以上)
高校が私立で大学まで:400万円以上(大学下宿は500万円以上)
中学から私立 下記式で目安額を算出
 {150万円-(家計から教育に回せる月額 万円×12か月)}×10年


*文部科学省「学習費調査(平成24年度)」、日本政策金融公庫「平成25年度 教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)」より試算。

教育資金の準備法は?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/a8b1efc651e63f18ea1849adf4763111c3bc2c00.31.2.14.2.jpg画像を拡大する細く長く準備するのが一番ラクです

目標額をどう貯めるかですが、「今後貯める分」に対し、貯め方のペースを考えてみましょう。

貯める時期は中学3年までが理想ですが、それが難しそうなら18歳までの年数で計算しましょう。中学から私立の場合は塾代が本格的にかかる前、つまり小学校4年までに準備しておきたいもの。

例:目標額 300 万円
      ⇓
年 20 万円を 15 年で貯める
      ⇓
月 1 万円×12カ月+ボーナス 4 万円×2回


子どもの将来の選択を広げるためにも、何とか「児童手当分+α」は貯めたいもの。どうしても貯められない場合でも児童手当は死守しましょう。

それが厳しい場合は、すぐにも家計の無駄を見直して貯められる家計に変える必要があります。習い事を減らす、保険を見直す、住宅ローンを見直すなど、できる手を打ちましょう。ママが専業主婦なら、働いて世帯収入を上げることも考えましょう。

確実に貯めるための商品は、職場の財形貯蓄や銀行の自動積立定期、貯蓄型の保険などが挙げられます。あるいはネット定期のボーナスキャンペーンなどで有利な商品を見つけて預け替えをするのも一法です。

また、資金が必要になるのは何年も先のため、インフレリスクに備えるために投資信託という投資性の商品で積立をするのも一種のリスクマネジメントです。ただし、目減りするリスクもあるので、積立額の1/3以内にとどめましょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人豊田 眞弓FPラウンジ 代表 ファイナンシャルプランナー

「永続可能な家計を実現して、今日も未来もハッピーに」がモットー。個人相談や実行支援、セミナー、マネーコラム、記事監修等を通じて、皆さんの人生の舞台裏を支えます。
HP:FPラウンジ
google+:豊田 眞弓

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ