現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 冬のボーナスでNISAを活用するときの注意点とは?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

冬のボーナスでNISAを活用するときの注意点とは?

2014/12/11
この記事に含まれるキーワード

これからNISAデビューをする時の注意点

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/847387d479b109032bd2c5be921535ef36fb201a.26.2.14.2.jpg画像を拡大するタイミングを間違うと大変なことになりかねません

冬のボーナスで投資を始める場合、許容できるリスクの度合いによって選ぶ商品が異なります。
比較的リスクが少ないものには、国債や証券会社のMRFなどがあり、ある程度リスクを取れる場合は、株式や投資信託等があります。

株式や投資信託を利用する場合はNISA(少額投資非課税制度)を利用するのがお勧めですが、これから始める場合は口座開設までのスケジュールを知っておきましょう。

初めてNISAを利用するときは、住民票を提出してNISA口座の開設をしなければなりません。 この手続きは税務署への申請が必要なため、2〜5週間程度時間がかかります。 今からNISA口座の開設手続きを始めた場合は、年内の開設が間に合うかどうかわかりません。 手続き先で開設までの期間を確認しておきましょう。

そして、年内に口座が開設できた場合でも、NISAのメリットを生かすためには気を付けたい点があります。 後半でその内容を見てみましょう。

非課税枠を使うためのスケジュールは?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/d5df893654400ab7d0cf877efa453b17500de956.26.2.14.2.jpg画像を拡大する使うなら予めスケジュールの確認を!

2014年に株式や投資信託を購入してNISA口座の非課税メリットを生かせるのは、12月30日(火)が受渡日になった分までです。

預貯金などと違い、株式や投資信託は購入の手続きをした日に全て完了するわけではなく、購入手続きから数日後に受け渡しとなります。
例えば、国内株式は購入から受け渡しまでに4営業日、投資信託は4〜8営業日程度かかります。

そのためには、国内株式なら12月25日(木)まで、投資信託は商品にもよりますが12月18日(木)までに購入の手続きをしておくことが必要です。

今から急いでNISA口座の開設手続きを始め、開設完了が12月26日(金)以降になってしまった場合、口座は開設できても2014年の非課税枠を使用しての投資はできずに2015年を迎えることになってしまいます。
この場合は2014年の非課税枠が使用できません。
12月30日(火)までに受け渡しが間に合いそうにない場合、無理に手続きを進めずに、来年からNISAの非課税枠を活用して投資をすることも検討してもよいでしょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ