現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 2015年は手帳で無駄遣いを撃退!

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

2015年は手帳で無駄遣いを撃退!

2014/12/26
この記事に含まれるキーワード

手帳で家計管理するメリットは?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/9edc58f19a85e14e71df798768c684a6c87845d9.77.2.14.2.jpg画像を拡大する手帳でも家計管理はできます!

書店や文具店には2015年の手帳が並んでいます。そこで、来年は手帳で“家計管理”はいかが?
独身者なら自分の支出だけの記入ですから、家計簿のように本格的でなくても手帳を使った“家計管理”ができますよ!

おすすめの手帳は、時間軸の表示されているタイプ。手帳で家計管理は、手軽に支出記録が残せるだけでなく、行動予定と連動して記入すれば、お金を使った「日時・場所・目的」が明らかになります。

例えば、家計簿に「コーヒー代」と書くだけでは「どこで、何のために飲んだコーヒー代」なのか、細かく書かなくては分かりません。手帳は行動予定が入っているので、「友人と会って飲んだコーヒー代」なのか「時間つぶしで飲んだコーヒー代」なのかが分かりますね。

手帳に記入したら振り返りも忘れずに!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/fb3ca56cb33873c92e6f99de04577e4bb880986f.77.2.14.2.jpg画像を拡大するいつでも、どこでもサッと記入しましょう!

やり方はカンタン! 毎日の支出を買い物した時間帯に記入し、一日の終わりに合計するだけ。食品や日用品など複数の商品を買った場合は「コンビニ540円」など、まとめて記入する方法もありです。ICカード利用の電車賃はレシートがないので、利用履歴を駅の券売機で確認・プリントします。住宅費や光熱費など、口座振替で支払っている費用は月末に金額を手帳に転記しましょう。

支出だけでなく、今後の予算管理にも使えます。例えば、飲み会の予定があれば、予定の横に「予算5,000円以内」と記入し、オーバーしそうなら1次会で帰ると決めれば使い過ぎの防止になります。

そして、大切なことは手帳に記入しただけでなく“振り返る”こと。手帳なら、通勤や移動の合間でもサッと取り出すことができます。前述のコーヒー代のように、“必要な支出”だったのか、“必要性の低い支出”だったのかの振り返りも簡単ですから、無駄遣いの防止にも役立ちますね。

家計管理への第一歩は、見映えや形式よりも続けること! いつも持ち歩く手帳なら記入のハードルも低いです。毎日記入して無駄遣いがあれば洗い出し、将来のためにお金を残せるよう毎月家計を決算しましょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ