保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 家計簿を始めるタイミングは元旦?

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

家計簿を始めるタイミングは元旦?

2015/01/05
この記事に含まれるキーワード

支出の多い年末年始

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/dcda8f994bcf131bb7e004ad504601ff9948f040.12.2.14.2.jpg画像を拡大する今年こそは家計簿続けたい

一年の計は元旦にあり。
今年はどのような目標を立てましたか?

昨年、家計管理に悩んだ人は、“今年こそは家計簿をつけよう。もしくは、続けよう!”と、新たな決意をしていることでしょう。

市販の家計簿の多くは、1月1日から12月31日までの単位を一年間として記帳する形式になっています。そのため、“家計簿は1月1日から始めるもの”と、いった意識を持っている人も少なくありません。

しかし、家計簿に慣れていない人が、新年から家計簿をスタートすることは、実は大変難しいのです。

それは、このような理由からです。

・年始は年末に引き続き、支出が多い
・レシートのない使途不明金となりやすい支出が多くなりがち
・新年早々、使ったお金の記入は憂鬱
・家事に追われてゆっくりと記入する時間が取れない

しかし、そうはいっても、やはり新年早々に新しいスタートをきりたいですよね。そこで、新年に家計簿をスタートする場合のコツをご紹介します。

始めるのはいつからでもOK

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/c9f40679de545e3b50a9f226775c3d8e91cdd0a1.12.2.14.2.jpg画像を拡大する家計簿は気軽に楽しもう

気分がのらない日や、思い出せない支出は、割切って飛ばしてしまいましょう。のちのち思い出して書く必要もありません。

すべての記入がされていないと、“こんな家計簿で記入する意味があるのかしら?”と、不安になりがちです。
しかし、書ける日だけ、わかるところだけで、最初は十分です。

レシートをためてしまった場合は、そのレシートの支出を、食費や日用品といった費目に分けて合計額を記入日の欄に書き込んでおきましょう。いちいち細かく日付別に選別する必要はありません。

家計簿を続けるコツは、気負わないことです。

・残高と手元の現金が多少合わなくても気にしない
・無理して毎日書こうとしない。
・なんど止めても、気が付いた時からまた書き始める。

家計簿は続けることが大切です。
完璧なものは必要がありません。

今年はこのように楽な気持ちで1年間最後まで家計簿と付き合ってみてくださいね。

  • mixiチェック
記事を書いた人大木 美子おおきFP事務所 代表

<FP-RECOご当地FP®:東京都>
家族の笑顔を守る家計管理をモットーに、もっぱら家計の改善をメインに活動している家計簿歴28年の家計簿FPです。お金の悩みは吐き出すことが難しいため、家計を預かる多くの女性の家計のお悩み支援を行っています。
HP:年収600万円以上世帯の家計管理
google+:大木 美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ