現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > 新婚さんが初めてライフプランを考えるときのポイントとは?

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

新婚さんが初めてライフプランを考えるときのポイントとは?

2015/01/21
この記事に含まれるキーワード

新婚さんが検討すべき2大項目

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/77b002b1745dec85dd96f286186e10cdebb3f6e4.26.2.14.2.jpg画像を拡大する最初はみんな悩みます

新婚さんがライフプランを考えるときに、何から始めたら良いのかわからないという声を良く聞きます。
そこで、新婚さんが初めてライフプランを考えるときのポイントを2つ紹介します。

① 子どものこと

子どもが欲しいかどうか、欲しいとしたら「いつ頃」「何人」欲しいかなどが検討の項目となります。
子どもの出産時期はライフプランに大きな影響を与えます。
例えば、共働きの夫婦で1人だけ子どもが欲しい場合は、妻が産休や育休を取ってその後職場復帰をするという計画を立てることができます。しかし、2年おきに3人欲しいという場合は職場復帰が難しいこともあるでしょう。

出産後は専業主婦になるのか、仕事をするならパートにするのか職場復帰するのか、職場復帰するなら予め妻の勤務先で産休・育休制度を確認しておくことも必要です。

人生最大の買い物

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/5089fb15a8f6b5f8bc878c0df65781318a2f641d.26.2.14.2.jpg画像を拡大するライフイベントを表にするとこんな感じになります

② マイホームのこと

マイホームが欲しいかどうか、欲しいとしたら「何年後に」「いくらの」物件が欲しいかなどが検討の項目となります。
ここでは物件の詳細は検討しなくても大丈夫です。買うかどうか、買うなら「いつ」「いくらの」物件が良いかという程度で良いでしょう。

マイホームの購入は住宅ローンを利用することが多いのですが、その場合でも頭金としてまとまったお金が必要となります。
頭金はすぐに用意するのが大変なので、「いつまでに」「いくら」貯めなければならないか予め試算しておくことが大切です。

これらができたら、車の購入、旅行、老後などについても同じように「いつまでに」「いくら」準備したいのかといったことを考えていくと良いでしょう。新婚さんにとって老後の話は随分先のことのように感じるかもしれませんが、漠然とでも良いので少しでも早くから考えておくことが大切です。

尚、ライフプランを記入する表はネット上で無料ダウンロードできるものもあります。
ライフプランはあくまで計画ですので、作成後は年に一回程度修正していくことをお勧めします。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ