現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 三大疾病保障付の団信は入った方がいい?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

三大疾病保障付の団信は入った方がいい?

2015/03/19
この記事に含まれるキーワード

三大疾病保障付の団信とは

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/3fc13e0527b710ebecf1f4f2c8e2caa655746297.77.2.14.2.jpg画像を拡大する通常の団信と三大疾病団信の場合の返済額の違い

住宅ローンを借りる時の条件のひとつに、団体信用生命保険(団信)の加入があります(※)。団信とは、借りた人の死亡時に残りのローン分が保険金として支払われ、ローンを完済する生命保険のことです。保険料は通常、ローン金利に含まれています。

また、団信には死亡に加えて、三大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)に罹り、一定の要件に当てはまるとローンが完済される、三大疾病保障付の団信(以下、三大疾病団信)もあります。

ただし、三大疾病団信は保険料としてローン金利に0.3%程度上乗せされ、毎回の返済額や総返済額は増えます。一例として、通常の団信と三大疾病団信のコスト差を右図に掲載しました。差額は毎月返済額で約4,300円、総返済額で約180万円です。

このように返済コストは増えるものの、三大疾病団信なら三大疾病の治療で働けず収入減の時の返済不安にも備えられます。三大疾病団信にした方が良いのでしょうか?

収入減に三大疾病団信、貯蓄のどちらで備える?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/ddd454a84d4dd9fc047fcbbf05c42fba99cc1c2e.77.2.14.2.jpg画像を拡大する病気で働けない時の住宅ローン返済にどう備えますか?

三大疾病は、日本人の死因の中で上位を占める病気です。住宅ローン返済中に三大疾病に罹り、長期療養などで収入減になる可能性は低くありません。そのような時の備えとして、三大疾病団信が役立ちます。

ただし、三大疾病団信は前述のように返済コストは増えます。 三大疾病団信を選ぶなら、コストが増える分だけ家計支出を細かく見直して、上乗せされる保険料分の捻出を考えたいものです。三大疾病団信に加入しても、例えば子どもの教育費など優先度の高い支出を確保できる家計にしておきましょう。

三大疾病団信を選ばないなら、いざという時のためにローンの返済資金とは別に、緊急予備資金を貯蓄する方法もあります。仮に前述の借入例で、毎月返済額の差額分を10年間貯蓄すると約52万円になり、毎月の返済額の半年分相当です。確実に貯蓄できれば、収入が減った時でも住宅ローンの半年分は賄えます。

働けない時の収入減に備える保険として三大疾病団信を選ぶのか、保険に入ったつもりでコツコツと貯蓄していくのか……。あなたならどちらの備えを選択しますか?

※住宅金融支援機構「フラット35」は任意加入です。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ