現在地
トップ > 個人年金保険 > 老後資金対策特集

老後資金対策特集

あなたの老後年金の備えは?支給開始年齢引上げも視野に入れ、早めの対策を 楽天会員の約77%は、既に老後資金対策として貯金や個人年金などの準備を始めています!

団塊世代が年金受給世代となり、年金財政がさらに厳しさを増す中、現役世代は保険料などの負担が増える一方、マクロ経済スライドの導入等により支給額の減額も既に動き出しています!
老後資金対策は、とにかく早めに動きだすのが重要!楽しい老後を作るため、1日も早く動き出しましょう!

なぜ、今後の年金は2~3割減を覚悟すべきか?

2014年財政検証結果 2014年の所得代替率(※)が62.7%であったことを考えると、A~Eのような良い経済シナリオ、4%を超える高い運用利回りでも、年金は約2割削減されるということを意味しています F~Gのような悪い経済シナリオ、2~4%の運用利回りでは年金は約3~4割削減の可能性もあることを意味しています

  • ※公的年金の給付水準は、一定の額ではなく「所得代替率」というものさしを使うことになっています。「所得代替率」とは、年金を受け取り始める時点(現在は65歳)における年金額が、現役世代の手取り収入額(ボーナス込み)と比較してどのくらいの割合か、を示すものです。
  • 厚生労働省ホームページより抜粋
    ※所得代替率の出所は、厚生労働省平成26年「国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通し~平成26年財政検証結果~」

年金の財政検証前 過去10年間の実際の運用利回りは2.3%!

財政検証で最悪シナリオとして提示された、Hのシナリオこそが直近10年間の実態に最も近い運用利回りであるということも意外と知られていない事実です。

  • 自分で商品を比較検討したい方へ

    個人年金の無料資料請求へ

    電話やメールでご相談頂くこともできます!

  • 専門家に会って相談したい方へ

    まずは相談内容を入力(楽天の保険があなたにあったアドバイザーをご紹介します)

    老後資金以外のご相談も可能です!

なぜ年金支給開始年齢引上げが議論されるのか?

現在の年金制度は現役世代から保険料を集めて、高齢者の年金給付に使うという仕送りのような制度。
高齢化により年金給付が年間50兆円を超えるまで増えてきた一方、支え手の減少により保険料収入は伸びず、年金財政は厳しくなって来ています。
また日本ほど高齢化の進んでいない欧米諸国でも年金支給開始年齢の引上げが続々と決まって来ており、日本でも有識者の間で年金支給開始年齢引上げが議論されるようになって来ました。

1965年胴上げ型/2012年騎馬戦型/2050年肩車型

日本以外の先進諸国では、支給開始年齢の引上げが続々と決まって来ています!

  • 自分で商品を比較検討したい方へ

    個人年金の無料資料請求へ

    電話やメールでご相談頂くこともできます!

  • 専門家に会って相談したい方へ

    まずは相談内容を入力(楽天の保険があなたにあったアドバイザーをご紹介します)

    老後資金以外のご相談も可能です!

税制メリットが大きい、確定拠出年金と個人年金

老後資金対策には様々な金融商品を活用することができますが、真っ先に検討したいのが税制メリットの大きな商品で、その代表例が確定拠出年金と個人年金です。

確定拠出年金は、拠出された掛金が、掛金と運用収益の合計で年金給付額が決定される制度です。
企業型と個人型の二種類あります。確定拠出年金の場合、保険料の全額が小規模企業共済掛金等控除の対象となり、運用益も非課税となる等の税制メリットがあります。

一方個人年金は、一般の生命保険料控除とは別枠で、個人年金保険料控除(※)として、所得税で年間40,000円、住民税で年間28,000円の控除を受けることができるメリットがあります。

資産運用には、銀行預金・投資信託・株式・不動産投資など様々な手段がありますが、まずは税制メリットの享受できる 確定拠出年金や個人年金からスタートすることをおすすめします。

  • ※所定の要件を満たしている場合に個人年金保険料控除の対象となります。詳しくはパンフレット等でご確認ください。
  • ※楽天の保険では、確定拠出年金は取扱っておりません。ご了承ください。
  • 自分で商品を比較検討したい方へ

    個人年金の無料資料請求へ

    電話やメールでご相談頂くこともできます!

  • 専門家に会って相談したい方へ

    まずは相談内容を入力(楽天の保険があなたにあったアドバイザーをご紹介します)

    老後資金以外のご相談も可能です!

年末に契約して、その年の控除対象にするテクニックとは?

個人年金保険料控除(※)は、支払った保険料の一定額がその年の所得から控除され、所得税と住民税が安くなる税法上の特典です。

意外と知られていないのですが、年末に「年払い」で契約することで、その年に保険料控除の対象とすることが可能です。例えば、11月に年間保険料が8万円以上の個人年金に「年払い」契約で契約して、その年の保険料控除の申告をすれば、所得税で年間40,000円、住民税で年間28,000円の控除を受けることが可能です。

11月に「月払い」で契約した場合、2ヶ月分の保険料に応じた控除しか受けられませんが、「年払い」で契約した場合は、12ヶ月分の保険料に応じた控除が受けられるというのが大きな違いです。

保険料控除の申告が会社の年末調整の提出期限に間に合わない場合は、確定申告で保険料控除の申告を行えば対象となります。

また、「年払い」にすれば、「月払い」の場合よりも払込保険料が少しだけ安くなるのが一般的ですので、保険料の面でも少しお得なテクニックといえます。

このテクニックは原則として、対面で相談することが前提となります。個人年金保険料控除の枠をまだ使い切っていないという方は、この機会にお気軽にご相談ください!

※所定の要件を満たしている場合に個人年金保険料控除の対象となります。詳しくはパンフレット等でご確認ください。

まずは相談内容を入力

老後資金以外のご相談も可能です!

実施中のお得なキャンペーン