保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

迷子の犬・猫を見つけたら?

2019.05.15

こんにちは。ライターのKIYOです。

先日、獣医さんから怖い話を聞きました。「迷子の犬や猫をどこにも届けないで、自分でそのまま飼っちゃう人って結構いるんですよ」とのこと。

ときどきボランティアで逃げたペットを探すお手伝いをしている私としては、ちょっと聞き捨てならない話。逃がしてしまった飼い主さんにも責任があるとはいえ、突然、愛犬・愛猫がいなくなり、昼夜かまわず必死で探す人も多いのです。

迷子の犬や猫を拾った人が、車に乗せて連れて行ってしまったら? 道路から見えない場所で飼ったら? 家の中だけで飼ったら? 病院にも連れて行かなかったら? おそらく見つけ出すことは不可能です。

迷子の犬や猫を保護したら、必ず、最寄りの保健所(または愛護センター)や警察署に連絡してください。なかには殺処分になってしまうから保健所には届けずに自分で飼うという善意の人もいるそうですが、飼い主さんが探す場合はまず保健所に収容されていないか調べるため、どんな子を保護したのか必ず伝えてください。

また、最近の捜索はSNSを使うことも多いので、たとえば「○○市 犬」などと検索すると、探している人の投稿が出ている場合があります。県や市町村などいろいろなワードで検索してみてください。

一方、リードがついているなど、保護はできないけれど「飼い犬(猫)が逃げたのでは?」という状況を目撃した場合も同じ。怖がりで人に近寄ったりしない子が迷子になった場合、目撃情報をたどりながら飼い主さんが追いかけてつかまえるというケースもたくさんあります。この場合、詳しい場所と犬や猫の特徴をSNSで投稿すると、探している飼い主さんにつながりやすくなります。

あなたのペットにぴったりな保険を探す

いぬとねこの保険 楽天保険の総合窓口人気ランキング3年連続第1位
免責金額なしのペット保険はどこ? 楽天ペット保険

※リンク先は楽天少額短期保険株式会社のページになります。

ペット保険で困ったらアドバイザーがお答えします!メールでも 電話でも フリーダイヤル0120-994-294 受付時間 平日 9:00~20:00 土日祝日 9:00~18:00(年末年始を除く)