保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

ペットの応急手当を知っておこう!

2019.04.26

こんにちは。ライターのMIYUKIです。

飼い主として気をつけているつもりでも、犬や猫がケガやヤケド、誤飲などをしてしまうこともあります。動物病院に連れて行く前の応急手当の方法を知っていれば、万が一のときも落ち着いて対応できるようになるでしょう。

①ペットを落ち着かせる
ケガをしたペットは、興奮して飼い主さんに噛みつく危険があります。そこで、犬の場合は、柔らかいヒモやタオルで口をしばり、あれば口輪をつけます。猫の場合は、エリザベスカラー(首のまわりにつけるパラボラアンテナのようなえり巻き)をつけるか、大きめの洗濯ネットに猫を入れるのもいいでしょう。バスタオルや毛布でくるんであげると落ち着きやすいようです。

②応急処置をする
●ケガ
出血が続いているなら、清潔なタオルやガーゼで傷口を圧迫して止血します。出血が止まらない場合は、傷口よりも2~5cmほど心臓に近い部分を包帯やタオルできつく縛り、うっ血しないように5分ごとに緩めてください。
出血が止まったら、傷口が汚れている場合は流水で洗い流してから消毒してください。色のついた消毒薬は獣医さんが傷口の診断に悩むので、透明の消毒液を使います。

●ヤケド
すぐに患部を冷やすのが基本。氷を入れたビニール袋を患部に当てるか、タオルの上から流水で冷やします。人間用のヤケドの薬は使わないこと。

●異物を飲み込んだとき
固形物がのどに詰まって窒息しているときは、小さな犬や猫なら逆さまにして背中を叩くと取り出せることも。大型犬など持ち上げられないときは横にして背中を押してみてください。
針や棒状のもの、紐状のものなど吐かせると危険なものもあるので注意が必要です。毒物を飲み込んだときに水を飲ませると体内への吸収が早まることもあります。自己判断せずに、すぐに獣医に相談しましょう。

ペットがケガをすると飼い主さんがパニックになりがちです。まずは飼い主さんが落ち着くことが肝心。そして、動物病院に連絡し、いつ、どんな状況でケガやヤケド、誤飲をしたか、今のペットはどんな様子かを伝えて指示を仰ぎ、すぐに動物病院を訪れましょう。

あなたのペットにぴったりな保険を探す

商品ごとで補償の内容を比べることができます。

商品ごとに楽天保険の総合窓口で契約された方の口コミを見ることができます。

みんなが気になるペット保険のランキングを見ることができます。

 
 
 
いぬとねこの保険 楽天保険の総合窓口人気ランキング3年連続第1位
免責金額なしのペット保険はどこ? 楽天ペット保険

※リンク先は楽天少額短期保険株式会社のページになります。

ペット保険で困ったらアドバイザーがお答えします!メールでも 電話でも フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30-17:00