「セラピードッグ」をご存じですか?

2019.04.24

こんにちは。ライターのMIYUKIです。

みなさんは「セラピードッグ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

高齢者や障がいを持つ人、病気(がん・メンタルの病気など)を治療中の患者さんの不安な心を癒したり、リハビリへの意欲を高めたりするなど、私たち人間の心と体をサポートしてくれる犬のことです。

動物と触れ合うとストレスが緩和して、精神が落ち着き意欲向上につながる「アニマルセラピー」の効果についてはよく知られていました。古代ローマ時代には、馬を使って負傷した兵士のリハビリが行われていたという記録が残っており、現在では私たちに身近な動物=犬を用いたアニマルセラピーが広まりつつあります。

セラピードッグが活躍するのは、全国の高齢者施設、病院、心身障がい者施設、児童施設、小・中・高等学校などの学校施設、刑務所、被災地への訪問活動など。実に、さまざまな場所でセラピードッグは活躍しています。
最近では、特に病院や高齢者施設などでのセラピードッグの導入例が増えています。病院では患者さんがつらいリハビリに意欲的に取り組むきっかけとなったり、治療に前向きになったり、単調な入院生活のストレスを和らげたりするなどの成果をあげています。
また、高齢者施設では、認知症の患者さんが積極的に犬をなでる、触る、抱くなどの自発的な行動が促され、笑顔や会話が増えるなど、認知症の症状が改善されたと報告されています。

セラピードッグになるのは、主に、捨て犬や災害などで行き場を失って保護された犬たちです。NPO法人やボランティアの人たちによって、セラピードッグにする訓練が進められています。アイコンタクトや人との同速歩行だけでなく、杖をついて歩く人や車椅子の人との同速歩行の訓練なども行われます。

保護された犬たちだけではなく、中には一般の家庭で飼われている愛犬をセラピードッグ(訪問犬、活動犬など)として登録している自治体やボランティア団体もあります。飼い主と愛犬で養成講座などを受講し、認定審査に合格すれば、活動に参加できるようになるケースが多いようです。
自分も愛犬とともにセラピードッグの活動をお手伝いしたいという人は、まずは自治体やボランティア団体などに問い合わせてみてはいかがでしょう。

あなたのペットにぴったりな保険を探す

商品ごとで補償の内容を比べることができます。

商品ごとに楽天の保険比較で契約された方の口コミを見ることができます。

みんなが気になるペット保険のランキングを見ることができます。

 
 
 
いぬとねこの保険 楽天の保険比較人気ランキング3年連続第1位
免責金額なしのペット保険はどこ? 楽天ペット保険

※リンク先は楽天少額短期保険株式会社のページになります。

毎月更新!ペットコラム
ペット保険で困ったらアドバイザーがお答えします!メールでも 電話でも フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30-17:00