新規加入をするには?

新規加入時に知っておきたい告知義務と通知義務

ペット保険にも人間の保険と同じく、告知義務があります。

申し込みの際に、告知書などで聞かれる項目に、正確に回答をしなければなりません。通常、告知で聞かれる主なものは、過去の傷病歴や診療歴などです。一例ですが、告知項目は次のようなものがあります。

告知項目の例

・申し込み時点で治療中や経過観察中の病気・ケガ・症状がない

・過去に保険会社指定の病気にかかったことがない

・過去2ヶ月以内に予防目的以外での診療を受けていない

3項目ともYESであれば、問題なく申し込みができます。告知項目で聞かれるものではなくても、申込書や告知書に記載するペットの年齢や体重、その他の情報についても事実を記入しなければなりません。

なお、告知の内容によっては引受けてもらえなかったり、特定疾病不担保や部位不担保など条件付きの引受けになる場合もあります。

一方、告知義務に違反して事実と違った内容を記載したときには、契約が解除され保険金は支払われないことがあります。あるいは、補償開始日にさかのぼって特定疾病不担保として、必要なら保険料の差額を支払うことで承認する場合もあります。

もう1つ知っておきたいものに、「通知義務」があります。これは、契約後に発生した変更を保険会社に通知する義務のことです。ペットが死亡したり、他人に譲渡したとき、あるいは引っ越して住所が変わったときなどは、速やかに保険会社に連絡が必要です。たとえば、あるペット保険では、「ペットを譲渡した日から30日以内に保険会社に通知をしないときは、契約は失効する」などとしています。失効は譲渡日にさかのぼり、失効後の保険料は返金されます。

ペット保険の申し込みに必要な書類等と告知

ペット保険を申し込む際に必要な書類等を確認しておきましょう。

保険会社から提出を求められるのは、まず、所定の契約申込書兼告知書です。郵送であれば、保険会社から送られてきた書類に記入をして返送しますが、ネット申し込みであれば、ネット上で必要な項目を入力してデータを送ります。

ただし、飼っているペットが保険会社の定める年齢を超えて高齢の場合は、健康診断書の提出を求められることがあります。また、ペット保険によってはペットの確認のためや、あるいは健康保険証のあるペット保険なら写真を載せるためなど、3ヶ月以内に撮影したペットの写真を求められることもあります。ネット申し込みの場合は写真もサイト上で登録する仕組みになっています。

他にも、マイクロチップ割引適用の場合に個体識別番号などを記載した書類の提出を求められたり、血統書やワクチン証明書など保険会社から指定されるものがあればそれも用意する必要があります。必要書類はペット保険によって異なるので、手続きの際に指示に従いましょう。

ペット保険申し込み時に必要な書類等

・契約申込書兼告知書(ネット申し込みはネットで入力)

・健康診断書(一定年齢以上の場合、保険会社による)

・3か月以内に撮影したペットの写真(保険会社による)

・個体識別申告書(マイクロチップ割引適用の場合、保険会社による)

・そのほか、血統書やワクチン証明書など、保険会社から指定されるもの

【ガーデン少額短期保険×楽天の保険】いぬとねこの保険 ペットの暮らし応援キャンペーン実施中!アンケートに回答&ご契約でお買いものパンダEdy-楽天ポイントカードを全員にプレゼント!
ペット保険で困ったらアドバイザーがお答えします!メールでも 電話でも フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30-17:00
あいらぶ ワンコ♪ 親バカ特集!
ペット親バカ川柳コンテスト コチラ!
【楽天市場】ワンダードックは札幌を中心に展開するペットショップです:ワンダードック