保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

ペット保険の免責とは?免責なしの保険はある?

ペット保険を含む保険全般には「免責」があり、一定の条件下では補償対象外となる仕組みがあります。約款などを読むと難しく感じて読み飛ばしてしまうこともある免責ですが、契約する保険の免責を理解しておくことは、ペットの健康を守るためにも大切です。「該当の病気やケガが補償対象外 だった!」ということにならないように、しっかりとペット保険の免責について理解をしておきましょう。

ペット保険の免責とは

ペット保険や一般的な保険全般における免責というのは、保険会社が責任を免れることを指します。つまり本来保険金を支払うような事案が契約中に起きたとしても、保険会社は保険金を支払わなくてもいい、という状態を意味します。特殊な状況だと思われがちですが、これは多くの保険で実際に起こり得ます。どのような場合に免責事項となるのか具体的な内容については、多くのペット保険で「免責事項となるケース」をホームページなどで公開しています。免責事項に該当するケースは共通のケースも多いですが、保険会社によってまちまちです。
ペット保険にどのような免責事項や特例があるのかを知り、確かめておくことはペット保険を検討する際に大切なことです。

免責金額とは

実際にペット保険を検討していると、「免責金額」という記載を目にすると思います。免責金額とは「治療費において利用者が負担する費用」のことで、ペット保険に加入していても、保険に定められた免責金額は必ず飼い主の自己負担となります。

免責は病気によって設定されるだけでなく、治療内容や金額によっても認定されます。
具体的な例を見ていきましょう。

このように、定められた免責金額以下の治療費は全額飼い主の負担となります。また免責金額を超えた治療費については、免責金額を差し引いた残りの費用が保障対象となるケースと、免責金額を超えたら治療費全額が保障対象となるケースがあります。これはペット保険によって異なりますので、契約している、あるいは検討しているペット保険の免責金額を確認しておきましょう。

・免責金額ありのメリットとデメリット
免責金額が設定されていると、基本の保険料が低く抑えられるというメリットがあります。
特に治療費が高額となる病気やケガの場合は、免責金額が設定されていることで、毎月の掛け金を抑えながら手厚い保障を受けることができ、メリットを感じられるでしょう。

免責金額が設定されていると、気軽にペット保険を利用しにくいというデメリットがあります

・免責金額なしのメリットとデメリット
免責金額の設定がない場合は気軽にペット保険を利用することができ、あまり高額にならない通院が多い場合はメリットを感じられます。

デメリットとしては、基本の保険料が免責金額ありのものよりも、多少高くなってしまうことが挙げられます。

免責金額がある場合・ない場合双方にメリット・デメリットがありますので、どちらが自分のペットに合っているのか、よく考えて判断をしましょう。

免責になる理由(免責事由)とは

本来なら保険金や給付金の支払い義務がある保険会社が、責任を免れるのが免責事由です。 ペット保険の免責事由に該当する病気やケガは保障対象外となり、保険金が支払われません。どのような場合が免責事由に該当するのか、具体的に見ていきましょう。

ペット保険における免責事項の例
・飼い主側の重大な過失によるケガ、自然災害による被害
・生まれつきの病気
・妊娠や出産
・爪切りや肛門絞り、グルーミング費用
・特定犬種に発症しやすい膝蓋骨脱臼
・ガン
・歯科
・予防注射・ワクチン接種
・予防注射をすれば未然に防げる疾病
・フィラリア予防
・健康診断
(ペット保険によっては、免責にならない場合もあります。)

これらの例はペット保険の種類によっても異なり、例えば予防接種やワクチン接種の割引特約などを定めているペット保険もあります。ガンなど保障金額が大きくなる病気はペット保険会社によって対応が異なりますので、事前にしっかり確認をしておきましょう。

もし自分のペットの病気やケガが免責対象だった場合、治療費は全額自己負担となります。
高額な治療費の支払いはかなり負担です。支払いがもし困難だと感じたら、まずは病院に相談をしてみましょう。全てとは限りませんが、多くの場合親身に相談にのってくれます。またカード払いに対応している病院も増え、独自のペットローンを提供している病院もあります。

毎年契約を更新するペット保険では、ある病気やケガを翌年も持ち越したり長期化したりした場合、翌年から「追加免責事由」となる場合があります。初めは保障対象となっていた病気も、慢性化し頻繁に治療が必要になると追加免責事由となることも多いので注意が必要です。追加免責事由についてはパンフレットやWebサイトだけでは分かりにくいこともあるので、カスタマーセンターなどで確認をしておきましょう。
大切なペットの健康を維持し、長生きしてもらうために必要なペット保険。飼い主の立場からすると治療費の保険負担分は大きいほど助かりますが、ペット保険の仕組みを円滑に運営するためにも免責事項は必要不可欠。ペット保険は数多くありますが、免責を細かく定めて毎月の掛け金を抑えたり、免責は最小限に抑えて幅広く保証をするなど、その特徴はさまざまです。自分のペットがなりやすい病気やケガをしっかり把握し、ニーズに合ったペット保険を上手に選ぶようにしましょう。

いぬとねこの保険 保険の比較人気ランキング3年連続第1位
ペット保険で困ったらアドバイザーがお答えします!メールでも 電話でも フリーダイヤル0120-994-294 受付時間 平日9:00~19:00 土日祝日9:00~17:00 (年末年始を除く)