火災保険一括見積もり入力フォーム

  1. STEP 1
    建物情報の入力
  2. STEP 2
    契約・補償情報の入力
  3. STEP 3
    お客さま情報の入力

建物情報の入力

必須ご検討中の見積書、またはご加入中の保険証券をもっている

必須ご検討中の見積書、またはご加入中の保険証券と同じ条件で一括見積もりを希望する

必須ご検討中の見積書、またはご加入中の保険証券をアップロードしてください

正しい撮影方法

全体が写っている

撮影不備の例

全体が写っていない
画像が小さい
画像がぼやけている

申込みが完了しない場合、アップロード頂いた写真は破棄されます。

保険証券、お見積り書の画像が読み取れない場合は、お電話にて内容確認させて頂く場合がございます。

スマートフォンで画像をアップロードしたい方はこちらのQRコードを読み込んでください

任意お見積り時のご要望があればご記入ください

必須新たに購入した(する)建物ですか?(新築、中古問わず)

  1. 新たに購入した建物とは、1年以内に購入された建物をいいます。但し、購入後、火災保険に加入されている建物は除きます
  2. 下記の場合は「いいえ」を選択してください

    ・相続により取得した建物

    ・遺言等により法定相続人以外の方が取得した(遺贈等)建物

必須建物について

階建て(地下 
 階)
 階に居住

楽天インシュアランスプランニング火災一括相談窓口

マンション・アパート一棟をご希望のお客様は、下記連絡先にご連絡をお願いします。
弊社担当者が詳細を確認し対応させて頂きます。

050-5358-3050 平日9:00~17:00
(年末年始を除く)

hikaku-RS_kasai@rakuten.com

必須建物の構造を選択してください

  1. 「建物の構造」とは、建物の建築材料を表しており、構造の申告が事実と異なる場合は正しい保険料が算出できない場合があります。
  2. 建物の構造がわからない場合は耐火建築物ではない木造の建物として試算いたします。

建物の構造の表記に関するご注意事項

  1. 建物の構造が確認できる書類に記載されている構造は、略称で記載がされている場合がありますが、以下の表に基づいて選択をお願いします。
W造
その他
RC造
コンクリート造
SRC造
コンクリート造
S造
鉄骨造
RS造
鉄骨造
CFT造
鉄骨造
鉄骨鉄筋コンクリート造
コンクリート造
鉄骨コンクリート造
コンクリート造
軽量鉄骨造
鉄骨造
重量鉄骨造
鉄骨造
軽重量鉄骨造
鉄骨造
軽骨ALC造
鉄骨造
壁式鉄筋コンクリート造
コンクリート造

必須耐火区分を選択してください ※1 ※2

耐火区分が確認できる書類(見本)

耐火区分の確認方法

耐火区分は下記資料などにより確認が可能です

耐火区分が確認できる書類 ※3

準耐火建築物

省令準耐火

1

建築確認申請書(第4面)

2

住宅のパンフレット類、設計仕様書、設計図面等

3

保険証券 保険契約継続証 ご契約内容確認書 変更確認書(異動承認書)

4

ハウスメーカー建築会社の確認書

  1. ※1準耐火建築物・省令準耐火建築物を選択頂いたお客様は、通常の木造よりも安い保険料で試算します。
    準耐火建築物・省令準耐火建築物は「防火地域」および「準防火地域」と異なりますので、ご注意ください。
  2. ※2耐火区分がわからない場合は耐火建築物ではない木造の建物として試算いたします。
  3. ※3ご契約のお申込み時には確認資料の提出が必要となります。

必須建物の所在地を選択してください

  1. 保険をかける建物の所在地の入力をお願いします。
  2. 郵便番号・市区町村・町名・番地が不明な場合は都道府県のみ入力ください。
  3. 都道府県のみの入力では試算出来ない保険会社がございます。
  4. 楽天損保の水災補償をご希望の場合は、「郵便番号」から「番地」まですべて入力が必須です。(C21-09-026)

必須面積を入力してください

※小数点がある場合は、小数点も入力してください。
  1. 以下の「面積が確認できる書類(見本)」をご参考に面積の入力をお願いします
  2. 面積とは、戸建ての場合は延床面積、マンション・アパートの場合は専有面積を入力してください
  3. 正確な面積が不明な場合は、おおよその面積で入力をお願いします。建物の評価額に関わりますので、契約時には正確な面積をお伺いいたします。

延床面積・専有面積の説明

・延床面積とは、戸建て住宅における、各階の床面積の合計をいいます。

・専有面積とは、マンション・アパートにおける専有部分(部屋の内側)の床面積をいいます。

必須建築年月(建築予定年月)を選択してください

年  
 月 
  1. 増築やリフォームの完了年月ではなく、建物の完成年月を選択してください。
  2. 建物の完成年月がわからない場合は、不明を選択してください。
  3. 完成年月により保険料が異なる場合がございます。また完成年月によっては見積書がご提示できない保険会社もありますので、ご了承ください。
  4. 本日より2ヵ月以上先、または未定で入力頂いた場合、見積もり作成日より2か月後を建物の完成年月として見積もりさせて頂きます。

必須建物の利用方法を選択してください

  1. 建物利用方法の申告が事実と異なる場合、お申し込みが出来ない場合ありますのでご了承ください。

楽天インシュアランスプランニング火災一括相談窓口

店舗など、居住以外の建物をご希望のお客様は、下記連絡先にご連絡をお願いします。弊社担当者が詳細を確認し対応させて頂きます。

050-5358-3050 平日9:00~17:00
(年末年始を除く)

hikaku-RS_kasai@rakuten.com

必須住宅ローンを利用していますか?(利用予定も含む)

  1. 住宅ローンの利用の有無で契約可能期間が変動する保険会社がございます。

任意質権設定はありますか?

  1. 質権設定とは、金融機関から住宅ローンの借り入れがあるケースなどで、火災による損害などが発生した場合に住宅ローンだけが残らないよう、住宅ローンの担保物(建物)の滅失・毀損をカバーするために加入している火災保険の証券を金融機関がローン完済まで預かり、保険金がローン返済に優先的に支払われるよう、事前に手続きしておくことをいいます。 質権設定がある場合、お見積もりが提出できない保険会社もあります。

任意以下に該当する場合、選択してください(複数選択)

未入力の項目があります 補償内容についてへ進む
  1. STEP 1
    建物情報の入力
  2. STEP 2
    契約・補償情報の入力
  3. STEP 3
    お客様情報の入力

契約・補償情報の入力

必須ご希望の補償開始日を選択してください

年  
 月 
 日 

本日より7日後から2ヵ月で設定ください。7日以内にご契約をご希望の場合は、こちらまでご連絡頂きますようよろしくお願いいたします。

楽天インシュアランスプランニング火災一括相談窓口

050-5358-3050 平日9:00~17:00
(年末年始を除く)

hikaku-RS_kasai@rakuten.com

必須火災保険の契約期間を選択してください

年  
  1. 条件によりご希望の保険期間で見積もりのご案内ができない保険会社がございます。

必須払込方法を選択してください

  1. 条件によりご希望の払込方法で見積もりのご案内ができない保険会社がございます。

必須建物のみの購入金額はわかりますか

必須建物のみの購入金額をご入力ください

万円

建物のみの購入金額を入力することで保険金額(再調達価格)が算出されます。

土地代を除いた建物のみの購入金額で入力してください。また建物に加えて、門・塀、車庫、物置、建物付属設備(浴槽や洗面台、調理台、床暖房、太陽光パネルなど)も対象となるため、購入金額に含めて入力をお願いします。

お客様の場合、建物の保険金額の目安は万円です。

建物の保険金額とは?

保険契約の対象である建物と同等の建物を新たに建築または購入するために必要な金額(再調達価格)になります。見積書送付時には建物の保険金額は保険会社が加入できる端数の単位で四捨五入した金額で送付します。

必須建物の希望保険金額を入力してください

万円

お客さまの場合、建物の保険金額の目安はです。

建物の保険金額とは?

保険契約の対象である建物と同等の建物を新たに建築または購入するために必要な金額(再調達価格)になります。実際の価格を超える金額での設定はできませんのでご注意ください。見積書送付時には建物の保険金額は保険会社が加入できる端数の単位で四捨五入した金額で送付します。

建物の保険金額が不明な場合

入力条件を元に、概観法にて目安となる建物の保険金額を上記に青字で算出しています。目安の金額の範囲内で設定してください。金額外で入力された場合は、範囲内の上限下限の建物保険金額で試算いたします。

建物の保険金額目安の範囲外での保険金額をご希望の場合

希望の建物保険金額を目安の範囲外で設定する場合は、一度、目安の範囲内でのご入力のうえ、次のページの「ご質問・ご要望など」欄に希望の保険金額を記載してください。ただし、見積もりがご提出できない場合やご希望の保険金額根拠をご提出いただく場合がありますので、ご了承ください。

必須家財(家具・家電・衣類など)の補償は希望しますか?

建物と家財の違いは?

家財とは、家具や衣服などの生活用動産のことをいいます。

保険証券に記載された建物内に収容されたものに限ります。(持ち出し家財補償特約をセットしている場合を除く)
ご契約者様や同居のご親族の方が所有される生活用動産に限ります。

必須家財の希望保険金額を入力してください

万円

家財の保険金額(再調達価額)の設定方法

家財の保険金額(再調達価額)は、100万円以上で設定できます。金額がわからない場合は以下の「家財の保険金額の目安表」を参考に保険金額を設定してください。家財の保険金額の目安は「世帯主の年令」と「家族構成」によって算出しています。
見積書送付時には家財の保険金額は保険会社が加入できる端数の単位で四捨五入した金額で送付します。

家財の保険金額の目安表

夫婦

夫婦 + 子供 1人

夫婦 + 子供 2人

夫婦 + 子供 3人

独身世帯

27歳以下

480万円

550万円

620万円

690万円

28歳~32歳

660万円

730万円

800万円

870万円

33歳~37歳

940万円

1,010万円

1,080万円

1,150万円

265万円

38歳~42歳

1,140万円

1,210万円

1,280万円

1,350万円

43歳~47歳

1,300万円

1,370万円

1,440万円

1,510万円

48歳以上

1,370万円

1,440万円

1,560万円

1,580万円

明記物件※の付帯をご希望の場合は、事項「ご質問・ご要望など」欄に対象となる物、金額を入力してください。記載頂きました金額をご入力頂きました希望の家財保険金額に上乗せして保険料を算出させて頂きます。
※明記物件とは、貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨董、彫刻物その他美術品で1個または1組の価額が30万を超えるものをいいます。

必須地震保険の加入を希望しますか?

保険期間は火災保険の保険期間と同じ契約期間とさせて頂きます。

  1. 火災保険の保険期間が6年以上の場合は、5年で設定致します。

必須耐震構造(等級)、免震構造を選択してください

地震保険の割引制度について

地震保険には、建物の免震・耐震性能に応じた保険料の割引制度が複数あり、所定の条件に該当すれば、いずれかの割引を適用します。上記に該当しない場合は、建築年月日に応じた割引を適用いたします。また申込時には確認資料が必要となり、ご提出いただけない場合は割引が適用できませんのでご了承ください。

免震・耐震性能

割引率

免震建築物

免震装置で揺れを直接伝えない性能

50%

耐震等級3

耐震等級1と比べて1.5倍の耐震性

50%

耐震等級2

耐震等級1と比べて1.25倍の耐震性

30%

耐震等級1

数百年に一度発生する地震力で倒壊、崩壊しない程度の耐震性

10%

必須水災(洪水、土砂崩れ、高潮による災害)補償は希望しますか?

水災により被った損害に対して、保険金をお支払いします。

■こんな場合に役立ちます

  • ・大雨で川が氾濫し、床上浸水してしまった。
  • ・大雨で土砂崩れが発生し、建物の壁が壊れてしまった。

必須風災(台風、竜巻、強風、ひょう、雪による災害)補償は希望しますか?

風災・雹ひょう災・雪災により被った損害に対して、保険金をお支払いします。

■こんな場合に役立ちます

  • ・大雪で屋根が潰れてしまい、家財が水浸しになってしまった。
  • ・台風で物が飛んできて、窓ガラスが割れてしまった。

必須雑危険(盗難等など)補償は希望しますか?

建物の外部からの物体の衝突等、盗難、水濡れ、騒擾(じょう)または労働争議、盗難により被った損害に対して、保険金をお支払いします。

■こんな場合に役立ちます

  • ・泥棒により家財を盗まれてしまった。
  • ・トラックが建物にぶつかり、壁が破損してしまった。
  • ・給排水設備の故障により天井と床が水浸しになった。

必須偶発的な事故(破損・汚損)による補償は希望しますか?

不測かつ突発的な事故により被った損害に対して、保険金をお支払いします。

■こんな場合に役立ちます

  • ・掃除中にテーブルを運んでいて、誤ってガラスを割ってしまった。
  • ・誤って棚から食器を落とし、割ってしまった。

任意諸費用(費用保険金)の補償を希望しますか?

保険のご契約をされている建物や家財が損害を受け、損害保険金が支払われる場合に、間接的に発生する費用を補償するため、損害保険金とは別に上乗せで保険金をお支払いします。

■こんな場合に役立ちます

  • ・住宅に住めない間にホテルに泊まった。
  • ・被害を受けた建物や家財の後片付けを業者に頼んだ。

任意個人賠償の補償を希望しますか?

他人にケガをさせたり、他人の財物に損害を与えたことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。

■こんな場合に役立ちます

  • ・隣の家のガラスを割ってしまった。
  • ・水濡れをおこし、下の階の部屋の壁を汚してしまった。
  1. 「個人賠償責任補償特約」は、1つのご契約につけることで、被保険者本人とその家族等の損害賠償責任を補償します。そのため、ご家族の契約している他の保険に同様の補償がついている場合は補償が重複する可能性があるのでご注意ください。
未入力の項目があります お客様情報の入力へ進む
  1. STEP 1
    建物情報の入力
  2. STEP 2
    契約・補償情報の入力
  3. STEP 3
    お客様情報の入力

お客さま情報の入力

必須氏名

必須氏名[かな]

必須電話番号

 -   - 

必須メールアドレス

必須メールアドレス(確認用)

任意ご質問・ご要望など

メールマガジンの購読

楽天会員情報あるいは本フォームにてご登録されたPCメールアドレス、携帯メールアドレス宛てにお送りいたします。 購読をご希望されない場合は、ニュース名のチェックを外してください。

楽天保険の総合窓口からのメルマガ

キャンペーンや人気ランキング・新商品のご案内を お届けいたします!(不定期配信)

保険の比較 楽天保険の総合窓口 火災保険一括見積もりサービス規約
保険の比較 楽天保険の総合窓口 火災保険一括見積もりサービス規約(以下「本規約」といいます)は、楽天インシュアランスプランニング株式会社(以下「当社」といいます)が「保険の比較 楽天保険の総合窓口」(以下「本サイト」といいます)にて提供する火災保険一括見積もりサービス(以下「本サービス」といいます)をご利用いただくための規約であり、当社が提供する本サービスに適用されます。

第1条(サービスのご利用に際して)
1.本サービスの利用者(以下「利用者」といいます)は、本規約の内容を承諾いただいた場合、本サービスをご利用することができます。
2.利用者は、本規約を遵守の上、本サービスをご利用ください。

第2条(本サービスの内容)
1.本サービスの内容は、以下の各号のとおりです。
(1)保険等に関する情報の掲載・閲覧サービス
(2)利用者の依頼に基づき、当社と契約する損害保険会社、少額短期保険業者(以下「保険会社等」といいます。)が取り扱う火災保険商品の見積もりおよび資料等を提供するサービス
(3)その他上記各号に付随関連するサービス
2.前項第2号の本サービスは、利用者からの依頼に基づいて行われるものとし、利用者が本サービスの利用に必要な操作および情報送信を行った場合には、当該依頼を行ったものとします。なお、当該サービスにおいて入力いただく情報は、必ずご自身の情報をご入力していただくものとします。
3.利用者が利用可能な本サービスは、当社がその時点で提供しているものとします。
なお、利用者が本サービス利用による火災保険商品の見積もり依頼、資料請求等では、保険契約の申込とはなりません。保険契約の申込にあたっては、利用者から当社に対して保険契約の申込手続きを行う必要があります。
第3条(個人情報の収集・保存、利用目的と第三者提供)
本サービスを利用いただくにあたり、当社は利用者から個人情報を取得します。
当社は、当社の個人情報保護方針に基づき、利用者から取得した個人情報を適正に管理・利用します。当社の個人情報保護方針、個人情報の利用目的および第三者提供について等、くわしくはこちらのリンク先をご参照下さい。
https://hoken.rakuten.co.jp/info/privacy.html

第4条(本サイト利用上の注意について)
こちらのリンク先をご参照下さい。
https://hoken.rakuten.co.jp/attention/

第5条(ご利用の目的について)
本サービスは、利用者の私的かつ非営利目的でのご利用に限定して提供しています。当社が事前に承諾した場合を除き、本サービスのご利用や本サービスへのアクセスについて、その全部または一部を問わず、営業活動その他の営利を目的としたご利用又はそれに準ずる行為、そのための準備行為としてのご利用は固くお断りいたします。また、その他、宗教活動、政治活動又はそれに類する目的での利用も行ってはならないものとします。

第6条(免責事項)
本サービスの提供、または当サービスの変更、遅延、中止、廃止その他本サービスに関わり利用者または第三者が被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負わないものとします。
当社・保険会社等の休業またはシステム障害等その他の原因により本サービスの提供が遅延する場合があります。

第7条(当規約の変更)
当社は、当規約を予告なく変更する場合があります。この場合、その後の本サービスの利用については、変更後の規約が適用されるものとします。

第8条(準拠法・管轄)
当規約の成立、解釈および履行その他本サービスの提供および利用に関しては、全て日本法が適用されるものとし、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

未入力の項目があります 入力確認画面へ

ご加入中の保険証券、検討中の見積書をもっている(必須)

ご加入中の保険証券、検討中の見積書と同じ条件で一括見積もりする(必須)

保険証券、検討中の見積書をアップロードしてください(必須)

お見積り時のご要望があればご記入ください

新たに購入した(する)建物ですか?(新築、中古問わず)(必須)

建物について(必須)

建物の構造を選択してください(必須)

耐火区分を選択してください(必須)

建物の所在地を選択してください(必須)

面積を入力してください(必須)

建物の完成年月(完成予定年月)を選択してください(必須)

建物の利用方法を選択してください(必須)

住宅ローンを利用していますか?(利用予定も含む)(必須)

質権設定はありますか?

以下に該当する場合、選択してください(複数選択)

ご希望の補償開始日を選択してください(必須)

火災保険の契約期間を選択してください(必須)

払込方法を選択してください(必須)

建物のみの購入金額はわかりますか(必須)

建物のみの購入金額をご入力ください(必須)

建物の希望保険金額を入力してください(必須)

家財(家具・家電・衣類など)の補償は希望しますか?(必須)

家財の希望保険金額を入力してください(必須)

地震保険の加入を希望しますか?(必須)

耐震構造(等級)、免震構造を選択してください(必須)

水災(洪水、土砂崩れ、高潮による災害)補償は希望しますか?(必須)

風災(台風、竜巻、強風、ひょう、雪による災害)補償は希望しますか?(必須)

雑危険(盗難等など)補償は希望しますか?(必須)

偶発的な事故(破損・汚損)による補償は希望しますか?(必須)

諸費用(費用保険金)の補償を希望しますか?

個人賠償の補償を希望しますか?

お名前(必須)

ふりがな(必須)

電話番号(必須)

-

-

メールアドレス(必須)

ご質問・ご要望など