現在地
トップ 楽天保険グループ会社との共同利用について
現在地
トップ 楽天保険グループ会社との共同利用について

楽天保険グループ会社との共同利用について

楽天インシュアランスプランニング株式会社(以下「楽天インシュアランス」)は、お客さまからお預かりした個人情報を、プライバシーに配慮して安全に取り扱うとともに、お客さまにとって便利で快適なサービスを提供するために利用させてただいただきます。

「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」に基づく楽天保険グループ各社との共同利用について以下にご説明いたします。

1.楽天インシュアランスの個人情報保護方針について

弊社は、今後もより便利で快適なサービスをお客さまに安心してご利用いただくために、「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」を改定するとともに、楽天保険グループ各社との個人データの共同利用を開始いたしました。

改定適用日:2019年6月3日

2.個人情報の利用目的について

改定後の「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」では、お預かりしているお客さまの個人情報等の利用目的について、変更前の利用目的と関連がある範囲で、より具体的で分かりやすい表記に変えております(「3.個人情報の利用目的」)。

3.楽天保険グループ各社との共同利用について

弊社は、楽天インシュアランスホールディングス株式会社(以下、「楽天インシュアランスホールディングス」といいます)の子会社として、楽天インシュアランスホールディングスおよび楽天インシュアランスホールディングスの子会社等(以下、これらを総称して「楽天保険グループ」といいます)との間で、グループの経営管理や各種リスク管理を実施すると共に、より付加価値の高い各種商品・サービスを開発・提供等するため、個人データの共同利用を行います。

楽天保険グループを構成する企業は下の図のほかに、こちらもご参照ください。

楽天生命 楽天生命保険株式会社
Webサイトへ
楽天損保 楽天損害保険株式会社
Webサイトへ
楽天ペット保険 楽天少額短期保険株式会社
Webサイトへ
楽天の保険比較 楽天インシュアランスプランニング株式会社
Webサイトへ

4.楽天保険グループに所属する会社からの広告、宣伝のための利用

楽天インシュアランスがお客さまから取得した各種保険の申し込み、資料請求、アンケートなどの情報を、楽天保険グループ各社と共有し、お客さまが未加入の保障分野について、楽天保険グループに所属する会社がウェブブページに広告表示したり、DM(ダイレクトメール)の郵送、メールマガジンの配信等を行います。

5.楽天保険グループの経営管理のための利用

楽天インシュアランスの経営に関するお客さまの情報を楽天インシュアランスホールディングスと共有し、楽天インシュアランスホールディングスを中心とした健全なグループ経営のために利用します。

6.楽天保険グループの各種リスク管理や法令等の遵守のための利用

たとえば反社会的勢力についての情報を楽天保険グループ各社で共有し反社会的勢力を排除するために利用します。

7.よくある質問・お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、以下の「よくあるご質問」をご参照いただくか、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Q1.楽天保険グループ各社との共同利用を行う目的は何ですか?

例えば楽天生命はお預かりした個人情報をもとに生命保険のご案内等をお客さまに提供していますが、現状、損害保険やペット保険などへのニーズへお応えすることができません。そこで、同じ楽天保険グループに所属する損害保険やペット保険を扱う会社(損害保険会社、少額短期保険業者、募集代理店)を通じて、お客さまにとって、お役に立つ情報をご提供したいと考えています。

具体的な利用目的、利用イメージについては、本ページの以下の各項目にてご確認ください。

Q2.例えば楽天生命で保険契約をした場合、楽天生命以外の楽天保険グループの会社から、保険商品の案内(ダイレクトメール、電話勧誘、電子メール)などが来ることはありますか?

お客さまの身の回りには、病気やケガ、一家の大黒柱に万が一のことがあった場合のご遺族への生活の不安、自動車による事故、火災、地震、賠償責任、ペットの病気などさまざまなリスクがあり、楽天保険グループに所属する各保険会社、募集代理店の商品・サービスにより、これらのリスクに備えることが可能です。

そこで、楽天生命から生命保険契約をいただいたお客さまには、これらのリスクにバランスよく備えていただきたく、楽天保険グループ内の損害保険やペット保険を扱う会社(損害保険会社、少額短期保険業者、募集代理店)からご案内させていただく場合があります

Q3.「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」に基づく楽天保険グループ各社との共同利用により、機微情報も共同利用されますか?

機微情報は共同利用いたしません。

【機微(センシティブ)情報の取扱いについて】
保健医療情報などの「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン(個人情報保護委員会・金融庁)第5条1項」に定める機微(センシティブ)情報は、「保険業法施行規則第53条の10」により、保険事業の適切な業務運営を確保する必要性から、お客さま等の同意に基づき業務遂行上必要な範囲で利用するなど、業務の適切な運営の確保その他必要と認められる目的に利用目的が限定されています。

当社は、機微(センシティブ)情報について、限定されている目的以外では利用いたしません。

Q4.共同利用する個人データを、業務委託先に取り扱わせていますか。

楽天インシュアランスは、個人情報の取り扱いを含む業務を、必要に応じて他社に委託しております。
詳しくは、「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」の「5.個人情報の第三者提供」をご覧ください。

委託を行う場合、個人情報保護のために必要となる安全管理措置を講じています。

Q5.楽天保険グループ各社との共同利用に関して、楽天インシュアランスの個人情報保護方針「4.グループ会社との共同利用について」の「共同利用の利用目的」にある「(1)経営管理、各種リスク管理およびこれらに付帯する業務ならびに法令等の遵守」は、「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」「3. 個人情報の利用目的」の中のどれに該当しますか?

「共同利用の利用目的」の「1.経営管理、各種リスク管理およびこれらに付帯する業務ならびに法令等の遵守」は、楽天保険グループとして経営管理、各種リスク管理等を行うことを念頭にした利用目的です。

一方、「3. 個人情報等の利用目的」についても、楽天インシュアランス独自及び楽天保険グループとしての経営管理、各種リスク管理等を行うことを念頭にした利用目的です。

よって「共同利用の利用目的」にある「1.経営管理、各種リスク管理およびこれらに付帯する業務ならびに法令等の遵守」は、「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」での「3. 個人情報等の利用目的」に含まれます。

弊社は、今後もより便利で快適なサービスをお客さまに安心してご利用いただくために、「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」を改定するとともに、楽天保険グループ各社との個人データの共同利用を開始いたしました。

改定適用日:2019年6月3日

改定後の「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」では、お預かりしているお客さまの個人情報等の利用目的について、変更前の利用目的と関連がある範囲で、より具体的で分かりやすい表記に変えております(「3.個人情報の利用目的」)。

弊社は、楽天インシュアランスホールディングス株式会社(以下、「楽天インシュアランスホールディングス」といいます)の子会社として、楽天インシュアランスホールディングスおよび楽天インシュアランスホールディングスの子会社等(以下、これらを総称して「楽天保険グループ」といいます)との間で、グループの経営管理や各種リスク管理を実施すると共に、より付加価値の高い各種商品・サービスを開発・提供等するため、個人データの共同利用を行います。

楽天保険グループを構成する企業は下の図のほかに、こちらもご参照ください。

楽天生命 楽天生命保険株式会社
Webサイトへ
楽天損保 楽天損害保険株式会社
Webサイトへ
楽天ペット保険 楽天少額短期保険株式会社
Webサイトへ
楽天の保険比較 楽天インシュアランスプランニング株式会社
Webサイトへ

楽天インシュアランスがお客さまから取得した各種保険の申し込み、資料請求、アンケートなどの情報を、楽天保険グループ各社と共有し、お客さまが未加入の保障分野について、楽天保険グループに所属する会社がウェブブページに広告表示したり、DM(ダイレクトメール)の郵送、メールマガジンの配信等を行います。

楽天インシュアランスの経営に関するお客さまの情報を楽天インシュアランスホールディングスと共有し、楽天インシュアランスホールディングスを中心とした健全なグループ経営のために利用します。

たとえば反社会的勢力についての情報を楽天保険グループ各社で共有し反社会的勢力を排除するために利用します。

ご不明な点がございましたら、以下の「よくあるご質問」をご参照いただくか、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Q1.楽天保険グループ各社との共同利用を行う目的は何ですか?

例えば楽天生命はお預かりした個人情報をもとに生命保険のご案内等をお客さまに提供していますが、現状、損害保険やペット保険などへのニーズへお応えすることができません。そこで、同じ楽天保険グループに所属する損害保険やペット保険を扱う会社(損害保険会社、少額短期保険業者、募集代理店)を通じて、お客さまにとって、お役に立つ情報をご提供したいと考えています。

具体的な利用目的、利用イメージについては、本ページの以下の各項目にてご確認ください。

Q2.例えば楽天生命で保険契約をした場合、楽天生命以外の楽天保険グループの会社から、保険商品の案内(ダイレクトメール、電話勧誘、電子メール)などが来ることはありますか?

お客さまの身の回りには、病気やケガ、一家の大黒柱に万が一のことがあった場合のご遺族への生活の不安、自動車による事故、火災、地震、賠償責任、ペットの病気などさまざまなリスクがあり、楽天保険グループに所属する各保険会社、募集代理店の商品・サービスにより、これらのリスクに備えることが可能です。

そこで、楽天生命から生命保険契約をいただいたお客さまには、これらのリスクにバランスよく備えていただきたく、楽天保険グループ内の損害保険やペット保険を扱う会社(損害保険会社、少額短期保険業者、募集代理店)からご案内させていただく場合があります

Q3.「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」に基づく楽天保険グループ各社との共同利用により、機微情報も共同利用されますか?

機微情報は共同利用いたしません。

【機微(センシティブ)情報の取扱いについて】
保健医療情報などの「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン(個人情報保護委員会・金融庁)第5条1項」に定める機微(センシティブ)情報は、「保険業法施行規則第53条の10」により、保険事業の適切な業務運営を確保する必要性から、お客さま等の同意に基づき業務遂行上必要な範囲で利用するなど、業務の適切な運営の確保その他必要と認められる目的に利用目的が限定されています。

当社は、機微(センシティブ)情報について、限定されている目的以外では利用いたしません。

Q4.共同利用する個人データを、業務委託先に取り扱わせていますか。

楽天インシュアランスは、個人情報の取り扱いを含む業務を、必要に応じて他社に委託しております。
詳しくは、「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」の「5.個人情報の第三者提供」をご覧ください。

委託を行う場合、個人情報保護のために必要となる安全管理措置を講じています。

Q5.楽天保険グループ各社との共同利用に関して、楽天インシュアランスの個人情報保護方針「4.グループ会社との共同利用について」の「共同利用の利用目的」にある「(1)経営管理、各種リスク管理およびこれらに付帯する業務ならびに法令等の遵守」は、「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」「3. 個人情報の利用目的」の中のどれに該当しますか?

「共同利用の利用目的」の「1.経営管理、各種リスク管理およびこれらに付帯する業務ならびに法令等の遵守」は、楽天保険グループとして経営管理、各種リスク管理等を行うことを念頭にした利用目的です。

一方、「3. 個人情報等の利用目的」についても、楽天インシュアランス独自及び楽天保険グループとしての経営管理、各種リスク管理等を行うことを念頭にした利用目的です。

よって「共同利用の利用目的」にある「1.経営管理、各種リスク管理およびこれらに付帯する業務ならびに法令等の遵守」は、「楽天インシュアランスの個人情報保護方針」での「3. 個人情報等の利用目的」に含まれます。