海外旅行保険・国内旅行保険の用語集

海外旅行保険・国内旅行保険を実際に使うことを想定して解説いたします。「耳慣れない言葉がありすぎて困る」という方は、こちらの用語集をご覧いただくことで解決まちがいなし

用語は五十音順に並んでいます。

  • 海外留学生保険・海外駐在員保険

    【かいがいりゅうがくせいほけん・かいがいちゅうざいいんほけん】
    海外旅行というよりは長期間現地で生活していることを想定して設計されていて、普通の海外旅行保険よりも補償内容が充実しています。
    補償期間が長く、補償内容もプラスαであるため通常の海外旅行保険より保険料は高くなります。

  • キャッシュレスメディカルサービス

    【きゃっしゅれすめでぃかるさーびす】
    現地での治療費を保険会社が代わりに直接支払ってくれるサービスです。
    保険会社によってサービス体制に違いがありますので自分が出かける国のサービスがどうなっているのか確認しておくことが大切です。

  • 救援者費用補償

    【きゅうえんしゃひようほしょう】
    旅行中に乗っていた飛行機や船が行方不明になったり遭難したりした場合・事故で生死が確認できない場合・または緊急な捜索・救助活動が必要な場合・一定期間入院した場合など、捜索救助費用や救援者(家族など)の現地までの交通費や宿泊費、現地からの移送費を補償します。

  • 緊急一時帰国費用特約

    【きんきゅういちじきこくひようとくやく】
    留学中に家族の死亡・危篤などにより一時帰国する必要がある場合の交通費や宿泊費を補償する特約です。

  • クレジットカード付帯旅行保険

    【くれじっとかーどふたいりょこうほけん】
    クレジットカードに付いている海外旅行保険のことです。
    補償内容はカード会社によって異なります。カード会社がサービスの一環として会員に保険を無償で提供し、損害保険会社が契約を引き受ける仕組みです。

  • 携行品損害補償

    【けいこうひんそんがいほしょう】
    携行品とは旅行中に携帯する、衣類やカメラ、カバン等身の回りの物を指します。
    キャッシュカード、クレジットカード、コンタクトレンズ、自動車、植物、動物などは補償の対象外です。
    なお国内旅行保険に付帯される携行品損害では、一定の金額までなら現金も補償されます。

  • 航空機寄託手荷物遅延補償

    【こうくうききたくてにもつちえんほしょう】
    飛行機に預けた手荷物の到着が遅れて代替品を買った場合の費用が支払われる補償です。
    対象となるものは衣類、生活必需品などの身の回り品です。

  • 航空機遅延費用補償

    【こうくうきちえんひようほしょう】
    乗る予定の飛行機が離陸時、着陸時、乗り継ぎ時に遅延して臨時の宿泊費や食事代、移動のタクシー代などを出費した場合に支払われる補償です。

  • 実損払い

    【じっそんばらい】
    あらかじめ契約した保険金額内で実際の損害額を支払う方法です。
    例えば携行品の損害額が20万円で、契約した保険金額が30万円であれば20万円支払われます。損害額が35万円であった場合は契約保険金額の30万円が支払い上限です。

  • 傷害後遺障害補償

    【しょうがいこういしょうがいほしょう】
    旅行中の事故により後遺障害になった場合に程度に応じて契約金額の3%〜100%が支払われます。
    例えば両目を失明した場合は100%、片目の失明は60%、母指以外の指の著しい障害が残った場合は3%といったように割合が決まっています。

  • 治療費用補償

    【ちりょうひようほしょう】
    海外旅行保険特有の補償で、海外旅行中の病気やケガで医師の治療を受けたり入院したりした場合に保険金が支払われます。
    また旅行終了後72時間以内に医師の治療を受けた場合も対象になります。旅行中に感染した特定の感染症がもとで旅行終了日からその日を含め て 3 0日以内に医師の治療を受けた場合も対象になります。

  • 定額払い

    【ていがくばらい】
    あらかじめ契約した保険金額を損害の程度に関係なく定額で支払う方法です。
    入院一日10,000円、死亡保険金1,000万円という契約であれば、損害の程度に関係なく入院すれば10,000円、死亡すれば1,000万円が支払われます。

新しいiphoneに新しいホケン月々700円で最大3台を年10万円まで補償します
持ってるモバイル端末の補償は
これひとつでまとめて安心

お電話でのお問い合わせ無料0120-994-294 受付時間 平日9:00~19:00 土日祝日9:00~17:00(年末年始を除く)