保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

賠償責任 - ペット保険の用語集:保険の比較

最終更新日:2022年12月21日

ばいしょうせきにん

賠償責任とは、故意もしくは過失により、他人の身体や財物に損害を与えた場合、法律上の規定によりその損害を補償する責任を負うことです。
ペット保険でも、ペットにまつわる賠償責任に備える特約があります。ペット保険の主な補償は、保険の対象であるペットが病気やケガになった際の治療費です。したがって、通常の補償内容ではペットが他人を傷つけた、他人の物を壊したといったトラブルには対応できません。
そこで、そうしたトラブルにも対応できるよう、一部の保険では特約を設けています。それが「ペット賠償責任特約(※)」です。この特約は、ペットが他人に損害を与えたことにより生じた賠償責任を補償するものです。この特約による補償額の上限は保険により違いますが、300万円から1,000万円程度となっています。
※保険によって、特約名が異なる場合があります。
なお、ペットにより生じた賠償責任は、法的にはその飼い主が責任を負うものです。そのため、火災保険や自動車保険などの損害保険に付加できる「個人賠償責任保険特約」でも、こうしたペットにより生じた賠償責任は補償されます。ペット保険の特約を考える前に、すでにこれらの契約がないか、加入している保険のチェックを行うと良いでしょう。
なお、こうした事案が発生したときは、まず病院や警察などはもちろんのこと、保険会社へまず連絡することも大事です。仮に当事者同士だけで勝手に示談を進め、金銭を渡してからその分を補償してほしいと保険会社に申し出ても断られる場合もあるからです。

2212832(1)-2312

関連用語

ペット保険についてもっと知る

ペット保険の基本はもちろん保険金の支払いや契約の流れまでペット保険の選び方を学べます。

人気のペット保険商品をランキング形式でご紹介します。気になる商品を一括資料請求!

手術保険金、マイクロチップ、少額短期保険業者などペット保険にまつわる用語集です。

年齢制限や継続手続きなどペット保険に関連するよくある質問をまとめました。

ペットの寿命・ペットがかかりやすい病気や治療費の統計情報を一覧で見ることができます。

お金に関するセミナー情報【お金のセミナー by Rakuten】
ペット保険で困ったらアドバイザーがお答えします!メールでも 電話でも フリーダイヤル0120-994-294 受付時間:9:00~18:00(年末年始を除く)