診断書 - ペット保険の用語集:楽天の保険

しんだんしょ

診断書とは、一般的な解釈で言えば、医師が患者について病気、ケガ、傷害などの健康状態を記した証明書です。こうした診断書は医療を行ううえで不可欠なものですが、その人の保険に関する契約や手続きについても、大きな意味を持ちます。さらに言えば、ペット保険という人間以外の動物を対象にした保険でも同様です。
ペット保険において、診断書の類を必要とする場面は多々あります。ペット保険というのは原則として健康なペットだけが加入するものであり、病歴があるペットの場合は何かしらの制限、あるいは加入不可が考えられます。その病歴や現在の健康状態を知るために、健康診断書を提出しないといけないというペット保険会社も中にはあります。
保険会社によっては健康診断書が不要ということがあり、あるいは、一定の年齢に達しているペットなら提出をお願いする、というところもあります。
また、診断書の提出が重要になるのは、保険金の手続きをするときのほうが考えられます。これも保険によって違いますが、何かしらの病気やケガで病院にかかり、その後保険金の請求を行おうというとき、診断書の提出を求める保険は多いはずです。
さらに言えば、そうした診断書の作成にかかる費用を保険で補償するところと、その費用は自己負担で、というところもあります。補償内容や想定する保険料などを考えると、どの保険がいいとは一概に言えません。ただ、そうした診断書をめぐる保険のやり取りというのを考えておくのは、保険を利用するうえで必須となります。

 
 

関連用語

「ペット保険」に関する用語一覧

さ行

ペット保険についてもっと知る

ペット保険の基本はもちろん保険金の支払いや契約の流れまでペット保険の選び方を学べます。

人気のペット保険商品をランキング形式でご紹介します。気になる商品を一括資料請求!

手術保険金、マイクロチップ、少額短期保険会社などペット保険にまつわる用語集です。

年齢制限や継続手続きなどペット保険に関連するよくある質問をまとめました。

ペットの寿命・ペットがかかりやすい病気や治療費の統計情報を一覧で見ることができます。

【資料請求キャンペーン】お買いものパンダ5周年ステッカー&クリアファイルプレゼント
ペット保険で困ったらアドバイザーがお答えします!メールでも 電話でも フリーダイヤル0120-925-984 受付時間9:30-17:00