現在地
トップ > 海外旅行保険 比較 > 海外旅行保険の選び方 > 海外旅行保険の主な補償内容

旅行保険海外旅行保険の補償内容海外旅行保険の主な補償内容

海外旅行保険は、ケガによる死亡と治療費が基本補償で他の補償は特約扱いであるのが一般的ですが、病気やケガの治療費用が基本補償であったり、治療費用が病気とケガが一体になっているものと、分かれているものがあったりするなど、保険会社によって異なります。

保険金の支払い実績からもわかるように、保険の内容も治療費用が重視される傾向にあります。海外旅行保険は以下の補償がパッケージで販売されていますが、基本補償以外は自由に設計することができます。

海外旅行保険の主な補償項目
補償項目 補償の主な内容
傷害死亡 旅行中の事故で死亡した場合に支払われる(定額)
傷害後遺障害補償 旅行中の事故で後遺障害になった場合に支払われる
病気死亡 旅行中に病気により死亡した場合に支払われる(定額)
治療費用 事故または病気で医師の治療を受けた時に支払われる。救援者費用補償とセットになっていたり、病気と傷害で分かれている場合もある 
救援者費用 死亡した場合や病気・ケガで一定期間以上入院した場合、誘拐や行方不明になった場合に家族が駆け付ける費用が支払われる。治療費用補償とセットになっている商品もある
個人賠償責任 旅行中に他人にケガをさせたり他人の物を壊したりした場合に支払われる。レンタル品の損害も補償される
携行品損害 旅行中に持ち物を壊わしてしまったり盗まれたりした場合に支払われる。携行品には現金、クレジットカード、コンタクトレンズなどは含まれない
航空機寄託手荷物遅延 飛行機に預けた手荷物の到着が遅れて代替品を買った場合の費用が支払われる。対象となるものは衣類、生活必需品などの身の回り品
航空機遅延費用 乗る予定の飛行機が離陸時、着陸時、乗り継ぎ時に遅延して臨時の宿泊費や食事代、移動のタクシー代などを出費した場合に支払われる
海外旅行保険の補償内容
関連ページ

<<海外旅行保険 比較トップに戻る

このページの先頭へ