保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

窓口精算型 - ペット保険の用語集:保険の比較

最終更新日:2022年12月14日

まどぐちせいさんがた

「窓口精算型」とは、ペット保険における保険金の請求方法の1つです。ペット保険は、補償の対象となるペットがケガや病気で治療をした際の通院や入院、手術などでかかった費用を補償してくれます。なお、保険金(給付金)の請求方法には、他に「立替請求型」があります。
一般的なペット保険の保険金請求方法は「立替請求型」です。これは、動物病院の窓口でいったん治療費の全額を支払ったあと保険金の請求をする方法です。「立替請求型」には、保険金請求書や治療費の領収書、診療明細書などの書類を保険会社へ提出しなければならず、しかも請求後に保険金が支払われるまでに時間がかかるといった難点があります。
一方、「窓口精算型」は、動物病院の窓口で治療費を支払う際に、ペット保険の補償による保険金が考慮されます。つまり、かかった治療費のうち保険金の分を差し引いた自己負担分だけを支払えばよく、窓口で治療費を立て替える必要がありません。さらに、手間のかかる保険金の請求手続きが不要となります。
ただ、すべての動物病院で窓口精算ができるわけではありません。窓口精算ができるのは保険会社と提携している一部の動物病院のみとなっています。それ以外の動物病院で治療を受けた場合や、加入しているプランが窓口精算不可などの場合は、「立替請求型」による請求方法となります。
もっとも、「立替請求型」や「窓口精算型」のどちらであっても、受け取ることができる保険金に差はありません。

2212821(5)-2312

 
 

関連用語

ペット保険についてもっと知る

ペット保険の基本はもちろん保険金の支払いや契約の流れまでペット保険の選び方を学べます。

人気のペット保険商品をランキング形式でご紹介します。気になる商品を一括資料請求!

手術保険金、マイクロチップ、少額短期保険業者などペット保険にまつわる用語集です。

年齢制限や継続手続きなどペット保険に関連するよくある質問をまとめました。

ペットの寿命・ペットがかかりやすい病気や治療費の統計情報を一覧で見ることができます。

お金に関するセミナー情報【お金のセミナー by Rakuten】
ペット保険で困ったらアドバイザーがお答えします!メールでも 電話でも フリーダイヤル0120-994-294 受付時間:9:00~18:00(年末年始を除く)