保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > お金を貯めたい残したい

生命保険目的別生命保険利用法お金を貯めたい残したい

<“貯められない”人には使える養老保険>

バブル時代には高利回りが定評だった養老保険ですが、低金利時代になってすっかり影を潜めた感じです。とは言え、養老保険の特長はコツコツ貯めることができて、かつ万が一の事があったら満期に受け取ることができるお金(満期保険金)と同額の死亡保険金を受け取ることができる点です。

自ら意識的に貯金できないいわゆる“貯められない”人には、毎月強制的に口座から保険料が引き落とされるこの手の貯蓄型の保険は向いているかもしれません。ただし、定期預金と異なり、少なくとも10年は続けることが必要で、早期に解約してしまうと支払った額より戻る額が少なくなってしまうことがあります。あくまで生命保険ですので、ある程度長い間続けることを前提に、死亡保障としても機能させたい人が使うとよいでしょう。

<教育費の準備には“低解約返戻金型終身保険”>

お金を貯めることができるもう一つポピュラーな保険があります。それは終身保険です。終身保険は保障が一生継続するため、葬儀代や相続対策の資金など、万が一の後に確実にお金を残すことを目的に利用するのが王道です。ところがこの終身保険は、仕組みとして、長く継続する程、解約返戻金が貯まっていくので、その特徴を利用してお金を貯めることができます。途中で解約すると時期によってはそれまでの払込保険料よりも少ない解約返戻金になることがありますが、一生涯の保障を確保しながらお金も貯めていくという意識で使うにはよいでしょう。将来解約してそのお金を使うのものよし、保障として残しておくのもよし、といった具合に選択肢があります。

そんな終身保険の中でも“低解約返戻金型終身保険”は特徴的です。割安な保険料と解約返戻金を活用することで、教育資金準備に利用することもできます。保険料の払込期間を10年から15年程度の短期で契約し(保険会社によって異なる)、保険料の払込終了後、払い込んだ保険料より解約返戻金の額が上回った時点で解約して子どもの教育費に充てるといった使い方ができます。その前に万が一のことがあれば死亡保険としても機能します。普通の終身保険や積立利率変動型終身保険も同じように活用できますが、低解約返戻金型終身保険の場合は、払込終了時までの解約返戻金が少なくなっていることから保険料が安いという特徴があります。払込終了後の解約返戻金は普通の終身保険と同等であることから利回りが比較的良く、貯めるという目的には終身保険の中で最も適しているからです。

お金を貯めることを目的とした生命保険は?(例)
保険種類 使い方
養老保険 満期で受け取ることができる金額と同額の保険付き貯金なので、コツコツ貯めていくには便利。ただし途中解約すると支払った分の保険料が全部戻らない場合もあるので満期まで継続することを前提に。
低解約返戻金型終身保険 払込終了時までは解約しないことを前提に、払込み終了後に解約することで、解約返戻金をイベント資金として使う。解約せずにそのまま死亡保障として継続する選択肢もあり。
積立利率変動型終身保険 市中の金利が上がると解約返戻金が増えることがあるので預金感覚がある。払込終了前に解約することもあるかもしれないが、終身保障+貯めたい、という人に便利。
生存給付金付き定期保険 一定期間死亡保障を準備しつつ、数年ごとに祝い金を受け取ることができるので、強制的に貯めつつ定期的にそのお金を使いたい人向き。
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 保険の比較 保険アドバイザーに無料相談