保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 学資保険 > 学資保険のよくある質問 > 教育資金を貯めるために、学資保険を利用するメリットは何ですか?

学資保険についての質問

教育資金を貯めるために、学資保険を利用するメリットは何ですか?

進学時期に必要な資金が受け取れる!お子様の教育資金を確実に貯められる!

学資保険は、17歳や18歳など、子どもの進学時期に合わせて満期の時期を決め、満期時に契約した教育資金を受け取ることができます。商品によっては、満期時以外にも12歳、15歳などの入学時期に祝金として給付金が受け取れるものもあります。


預貯金よりも引き出しにくく、貯蓄が苦手な人・教育資金を生活費に回す心配のある人でも、確実に貯められるのが最大の利点です!


逆に、満期前に解約してしまうと、払い込んだ保険料より少ない金額しか戻ってこないことがほとんどなので気をつけたいところです。


パパやママが万が一亡くなった場合に備え、保険料の払込免除特約がつけられます。

学資保険のもう一つの大きなメリットが、保険料の払込免除特約がつけられることです。

学資保険は通常、契約者=親、被保険者=子という形で加入しますが、親が死亡した場合に、それ以降の保険料の払い込みが免除される特約を加入時につけることができます。


この特約をつければ、不幸にも親が亡くなった場合、保険料の払い込みは不要になるにもかかわらず、祝い金や満期保険金は予定通り支払われるので、万が一の場合でも教育資金は安心。この仕組みは保険ならではの特徴ですね。


返戻率の高い保険で貯蓄性もクリア!

学資保険は、不足しがちな教育資金を、時間をかけて貯めるという目的のもの。加入時にチェックすべきは返戻率(戻り率)です。

学資保険の中には、子どもの医療保障や死亡保障も付帯したものがあり、保障が多ければ満期保険金は変わらずとも、当然保険料は高くなります。その分返戻率は低下し、中には元本割れをするものもあります


学資保険はあくまでも貯蓄機能に絞り、少なくとも返戻率が100%を超える商品から選ぶことをおすすめします。

また、学資保険は早く加入すればするほど、月々の保険料が抑えられ、返戻率が高くなるのでお得と言えます。学資保険を考えている方は、出生時またはお子さまが小さいうちに加入されることをおすすめします。

※各商品の返戻率や契約条件などは商品パンフレット等でご確認ください。

学資保険その他の質問

その他のよくある質問

学資保険についてもっと知る