保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 学資保険 > 学資保険のよくある質問 > 教育費はどのように貯めるべきですか?

教育費についての質問

教育費はどのように貯めるべきですか?

最もお金がかかる時期=大学入学時をターゲットに、早めに積立てを開始するのがポイント

教育費に限らず、資産運用の基本は利回りと期間です。教育資金はある程度、決められた時期に一定の金額が必要になるもの。できるだけ低リスクの商品を選ぶことをおすすめします。

低リスクの商品に、高い利回りは望めません。そうなるといかに早く積み立てを開始するかが重要となります。


特に教育費は、お子さまが大きくなればなるほど負担が大きくなる傾向があります。

お金が貯まりやすい時期(子どもができる前から中学生ぐらいまで)にできるだけお金を貯めておくことが、間際になってあわてない、もしくは奨学金や教育ローンなどに頼らないようにするためにも大変重要となります。


定番は学資保険、最近では低解約払戻金型の終身保険を利用するという選択肢も人気!

教育資金対策の定番は学資保険。主にお子さまのいらっしゃる方を対象とした楽天会員のアンケート結果によると、“半数以上が学資保険を利用”と回答しています。なお、2番目には銀行の積立預金の利用が多い結果となりました。


お客様の声を見ていると、「銀行預金の金利が低いから」という方もいらっしゃったのですが、預貯金よりも引き出しにくく、貯蓄が苦手な人・教育資金を生活費に回す心配のある人でも、確実に貯められるということを評価している声が多くありました。


最近教育資金対策で注目されている商品といえば、低解約払戻金型の終身保険です。この保険は、保障は終身ですが、保険料払込期間中の解約返戻金を低く抑えることで、保険料を割安にし、保険料払込期間終了後の解約返戻金がそれまでに支払った保険料総額を上回る仕組みにした終身保険のことです。

※契約時の年齢、払込期間によっては、解約返戻金が支払った保険料の総額を下回ることがあります。


子どもが生まれる前から加入できる点や、保険料の払込みが済んでいれば 解約返戻金の受取時期を教育費の必要な時にあわせて比較的自由に設定できることも人気の理由です。


保険の比較でも生命保険ジャンルに数商品掲載されているので、検討に入れてみてはいかがでしょうか?

楽天会員のアンケート結果によると、半数以上が学資保険を利用と答えています

※保険の比較調べ。小学生までのお子様のいる家庭及びお子様の生まれる予定のある家庭の楽天会員10,267人にアンケート調査。

学資保険その他の質問

その他のよくある質問

学資保険についてもっと知る