保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 学資保険 > 学資保険のよくある質問 > 幼稚園から大学卒業まで、教育費はいったいいくらかかりますか?

教育費についての質問

幼稚園から大学卒業まで、教育費はいったいいくらかかりますか?

「子どもの教育費は、1人当たり約1,000万円が目安」はまんざら嘘ではない

「子どもの教育費は、1人当たり約1,000万円が目安」と聞いたことはありませんか?

1,000万円も必要と聞くと驚いてしまいますが、あくまでこれはマネー雑誌などでよく取り上げられている目安であり、実際にかかる金額は進路により大きく異なります。


参考までに、文部科学省や独立行政法人日本学生支援機構の調査データを基に平均的な金額を計算すると 幼稚園から大学卒業まで“オール公立”の進路を取った場合、約776万円、一方“オール私立”の進路を取った場合、約2,206万円となります。(大学入学に際しては、このほかに受験料や入学金もかかります)


「これだけの金額を貯めるのは難しい」と思われるかもしれませんが、実際は約20年間をかけて負担していくものであり、“貯めやすい時期”や“貯めにくい時期”を意識して計画的に準備していくことが重要です。


教育費は、お子さまの成長に応じてだんだん負担が大きくなるもの。早めに備えを!

幼稚園から大学卒業までの教育費は、お子さまの成長に応じてだんだん費用の負担が大きくなるのが一般的です。オール公立の場合、幼稚園の頃は年間約23万円の負担が、小学校では約31万円、中学校では約45万円、高校では約39万円、大学生になると約68万円と概ね成長に合わせて上がっていきます。


お子さまの成長段階にあわせた教育費の負担をイメージできると、お子さまが小学生ぐらいまでの貯めやすい時期に貯蓄を進めていくことが重要というのが理解できるのではないでしょうか。

教育費(年額)はこのくらいかかります!

※幼稚園~高等学校は文部科学省「子どもの学習費調査(平成24年)」より学校教育費だけでなく、学校給食費や学校外活動費(塾や家庭教師代など)も含んだ数字

※大学は独立行政法人日本学生支援機構「平成24年度学生生活調査」より。「入学料」、「授業料」、「施設設備費」を含む。下宿代などの生活費は含まれない

※私立大学の教育費は文部科学省「私立大学等の平成24年度入学者に係る学生納付金等調査結果についてより

学資保険その他の質問

その他のよくある質問

学資保険についてもっと知る