保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > ドル建て終身保険

生命保険知っておきたい生命保険の種類ドル建て終身保険

<ドルと円の交換レートで保険金が変動する終身保険>

ドル建て終身保険は、保険料をドルで払い込み、死亡保険金や解約返戻金もドルで受け取る終身保険です。ただし、特約をつければ保険料を円で払い込むこともできます。円で保険料を毎月払い込む場合、保険料は為替レートで決まるので、保険料は一定ではなく毎回変動します。そのため、円建ての終身保険とは違い、契約時にはトータルの払込み保険料は確定しません。

死亡保険金や解約返戻金も、円で受け取ることができます。円で受け取る場合は、受取り時の為替レートにより、死亡保険金や解約返戻金の金額は変動します。例えば、死亡保険金額10万ドルのドル建て終身保険に入った場合、1ドル80円の時、保険金は800万円ですが、1ドル120円の時、保険金は1,200万円になります。

このように、円で保険金を受け取る場合、保険金受取り時の為替レートによって受け取ることができる死亡保険金額は変動します。

<外貨建ての保険を持つメリットは?>

ドル建て終身保険の利用法は、終身保険と同様に一生涯の死亡保障や解約返戻金を利用した将来の資金作りです。では、あえてドル建て終身保険に入る意味はどこにあるのでしょう?

例えば、円安になって輸入品の価格が上昇し、日本国内の物価が上がると、円で持っている資産は価値が下がり、金額が目減りします。輸入への依存度が高い日本では日常的なリスクです。これは、死亡時の保障についても同じことが言えます。将来の為替変動による物価の変動に備えてドル建ての保険を持っていると、円安になった場合のリスク対策になります。

また、死亡保障として利用せず、定年後の生活資金作りにドル建て終身保険を利用することもできます。この場合、解約返戻金をドルで受け取って、将来の海外旅行の資金として利用すれば、交換手数料もなく現地での旅行資金として活用できます。

ドル建て終身保険のイメージ図
ドル建て終身保険のイメージ図
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 保険の比較 保険アドバイザーに無料相談