保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 積立利率変動型終身保険

生命保険知っておきたい生命保険の種類積立利率変動型終身保険

<金利上昇すると保険金や解約返戻金が増える終身保険>

一般的な終身保険と同じく、死亡・高度障害時の保障が一生涯続く保険ですが、少し違いがあります。

生命保険は将来の保険金支払いのために、保険料の一部を積み立てる仕組みで、終身保険の場合、それを積み立てる利率は加入した時に決められています。積立利率変動型終身保険は、その利率が市場金利に連動して定期的に見直されるのが特徴です。金利が上昇して積立金が増えると、死亡保険金や解約返戻金が増える仕組みになっています。

積み立てる利率(積立利率という)には最低保証利率が設定されているので、契約時の保険金額は変わりません。また、利率の見直しによって一度増えた死亡保険金や解約返戻金は、その後、積立利率が下がった場合でも減ることはありません。そのため、契約後に金利が上がり、利率が上昇した場合には、契約時の「基本保険金」に加え、利率が上がったことにより増えた「増加保険金」の2つを合計した金額が保険金額になります。

<金利の上昇に便乗したい人向き>

活用方法としては、一般的な終身保険と同じく、死亡時の葬儀費用など整理資金や、解約返戻金を利用した将来の資金作りになります。

ただし、景気が良くなり経済活動が拡大すると、株価や物価が上がり、市場金利も上昇します。通常の終身保険は加入時に保険金額も解約返戻金も確定しているので、そのような金利上昇の恩恵を受けることができません。積立利率変動型終身保険は、その名の通り積立利率の変動により保険金や解約返戻金が増えますので、金利上昇局面では有利になります。

預金などと同じく、保険も金利が上がればそれに合わせて保険金額や解約返戻金も増えて欲しいと思う人に向いているでしょう。

積立利率変動型終身保険のイメージ図
積立利率変動型終身保険のイメージ図
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 保険の比較 保険アドバイザーに無料相談