保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > 予定利率と保険料のお話

生命保険生命保険、こんなことも知っておこう予定利率と保険料のお話

<予定利率って何?>

生命保険会社では、契約者から預かった保険料の一部を将来の保険金支払いのために運用しています。それをどれくらいの利率で運用できるのかを予測し、契約者と約束します。その利率を「予定利率」と呼んでいます。

予定利率は生命保険会社や保険商品によって異なりますが、もともとは、保険業法という法律の規定をもとに金融庁が決める「標準利率」が基準になっています。

生命保険の保険料は、予定利率で運用した場合に得られると予測される運用益の分は、あらかじめ保険料から割り引かれています。そのため、予定利率が高くなれば保険料は安くなり、予定利率が低くなれば保険料は高くなります。予定利率は原則として固定ですが、保険会社が倒産しそうな場合や倒産した時には、予定利率が変更される場合もあります。

<保険料はどうやって決まる?>

前述の通り、保険料は予定利率によって変わってくるのですが、それ以外にも保険料の計算の基礎になっているものがあります。それは「予定死亡率」と「予定事業費率」です。

保険会社は、生命表という統計をもとに毎年何人死亡し、何人生き残るかを予測して、将来の保険金支払いに充てるための保険料を計算します。その計算に用いる死亡率のことを、予定死亡率と言います。生命表では、年齢別や男女別の生存率や死亡率、平均余命などが分かるため、保険料を1歳刻みで細かく設定することができます。

予定事業費率は、ひと言でいえば保険料に占める保険会社の経費の割合です。保険契約の募集や維持管理、保険料の収納などを行うためにはさまざまな経費が必要ですが、あらかじめ保険料の一部にこの経費が組み込まれています。

このように、生命保険の保険料は「予定利率」「予定死亡率」「予定事業費率」の3つの予定率(これらを基礎率とも言います)から決められています。

保険料は3つの予定率をもとに計算して決まる!
保険料は3つの予定率をもとに計算して決まる!
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談

人気保険ランキング