保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > シングルマザー・シングルファーザーが使える制度

生命保険生命保険、こんなことも知っておこうシングルマザー・シングルファーザーが使える制度

<ひとり親サポートの柱「児童扶養手当」>

シングルマザー・シングルファーザー家庭の経済的支援の柱が「児童扶養手当」です。18歳未満の子がいて、条件に合えば受け取ることができます。配偶者からの暴力(DV)で裁判所から保護命令が出された人も対象です。

手当は年3回(12月、4月、8月)、前月分までの4ヵ月分がまとめて支給されます。手当額は、請求者や扶養義務者(同居している請求者の直系血族及び兄弟姉妹)などの前年の所得で決まりますが、支給開始から5年経つと2分の1に減額されます(減額されない場合もあります)。手当卒業後の経済的な安定のために、スキルアップをしていくことも大事です。

児童手当額(2014年度)
対象児童数 全部支給 一部支給
1人目 41,020円 41,010円~9,680円
2人目 5,000円加算 5,000円加算
3人目以降 3,000円加算 3,000円加算

シングルマザーやシングルファーザー世帯への経済的支援として独自の手当てを設けている自治体もあります。代表例が東京都の「児童育成手当」。手当額は子ども1人につき月額1万3,500円。所得制限はありますが、児童扶養手当に比べて高めです。

<「ひとり親家庭医療費助成制度」も助かる!>

ひとり親家庭の医療費助成とは、末子が18歳未満(障害がある場合は20歳未満)の子どもを養育しているシングルマザー家庭、シングルファーザー家庭等に対して医療費の自己負担額を助成する制度です。助成割合や所得制限の有無、助成分の給付方法などは自治体によって異なります。

<所得税・住民税の軽減>

シングルマザーは「寡婦控除」が受けられ、その分、所得税や住民税が軽減されます。所得が500万円以下で、所得税35万円、住民税30万円控除、それ以上の所得があると、所得税27万円、住民税26万円控除になります。一方、シングルファーザーの「寡夫控除」は所得が500万円以下の場合のみ該当し、所得税27万円、住民税26万円の控除です。

<無利子・低利の借り入れも>

シングルマザー家庭で生活費が足りないときや、仕事に必要な技能訓練を受ける、子どもの就学資金が足りないときなど、「母子福祉資金貸付金」を借りることもできます。原則無利子ですが、連帯保証人が必要です。連帯保証人なしの場合は金利1.5%(全期間固定)になります。償還期限は、資金の種類により3~20年です。

同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

関連ページ

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談

人気保険ランキング