保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 生命保険 比較 > 生命保険の選び方 > リビングニーズ特約

生命保険生命保険、こんなことも知っておこうリビングニーズ特約

<生きているうちに死亡保険金を受け取れるリビングニーズ特約>

リビングニーズ特約は、医師の診断などから余命6ヵ月以内と判断された場合に、死亡保険金の全額または一部を受け取ることができる特約です。

リビングニーズ特約を付けられる保険は、定期保険・終身保険・養老保険など、死亡保険金のある保険です。特約保険料はかからず、契約後に付加することもできます。受け取れる金額は保険金の範囲内で、通常3,000万円が上限とされています。1契約につき請求は1回限りとされています。

この特約で死亡保険金額の全額を受け取った場合には、その時点で保険契約は終了します。保険金の一部を受け取った場合は、その分が減額されます。なお、残った保険金に相当する保険料はその後も払い込む必要があります。

<リビングニーズ特約の使い方と注意点>

保険金を受取りたい場合には、原則本人から請求しますが、指定代理請求特約(※)を付けていれば指定されている家族からも請求できるケースがあります。余命が本人に知らされず、家族のみが知っている場合などは代理請求することができます。病名の告知などをするかどうか、このような場合にリビングニーズ特約で生前に保険金を受取るかどうかなどは、できれば家族間で話し合っておくと良いでしょう。

税務面では、被保険者が受け取るリビングニーズ特約の保険金は、入院給付金等と同様に非課税扱いです。ただし、リビングニーズ特約で受け取った保険金を使い残して被保険者本人が死亡した場合には、保険金は現金と同様の取扱い(本来の相続財産)になるので、他の相続財産と合算されて相続税の課税対象になります。

保険金を生前に受け取ることができ、納得がいくまで治療を受けたり、家族との時間のために使ったりなど、被保険者本人が利用することができるのがリビングニーズ特約の特徴です。ただし、一般的に死亡保険金は遺族の生活費として準備しているものですので、その後の生活のために残すお金とのバランスも考える必要があります。

※指定代理請求特約
被保険者が受取人の保険金・給付金について、被保険者本人が請求できない特別な事情がある時に、あらかじめ指定した指定代理請求人が、受取人の代理人として保険金や給付金を請求できる特約です。代理人を指定する際には契約者は被保険者の同意を得る必要があります。
特別な事情とは次のような場合です(一般的な例)。
【1】病気やけがで保険金や給付金を請求する意思表示ができないとき
【2】がんなどの病名や余命6ヵ月以内であることが告知されていないとき
【3】その他、【1】または【2】に準じた状態であるとき
*指定代理請求人になれる人の例(保険会社によって異なります)
・被保険者の戸籍上の配偶者
・被保険者の直系血族または3親等内の血族
・被保険者と同居または生計を一にしている被保険者の3親等内の親族 など
リビングニーズ特約のイメージ図(死亡保険金の一部請求の場合)
リビングニーズ特約のイメージ図(死亡保険金の一部請求の場合)
同じカテゴリのページ

<<生命保険の選び方
目次を見る

このページの先頭へ

生命保険について調べる

生命保険について知る生命保険について 不安を解消しましょう

このページの先頭へ

  • 楽天保険の総合窓口 保険アドバイザーに無料相談

人気保険ランキング